リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版 利用規約

第1条(規約の適用)

  1. リクナビダイレクト利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社リクル-ト(以下「当社」といいます。)と「リクナビダイレクト」(次条の定義に従います。)の利用にかかる契約(以下「本契約」といいます。 )を締結した事業者(以下「事業者」といいます。)に対して適用されるものとします。
  2. 当社は、本規約に基づき事業者にリクナビダイレクトにかかるサービスを提供するものとし、事業者は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。

第2条(基本用語の定義)

本規約において使用する基本用語の定義は、次の各号とおりとします。

  1. リクナビダイレクト:当社が提供する、大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高等専門学校および各種学校(海外の大学等を含み以下、「大学等」といいます。) の新卒者(第5号に定めます。)または既卒者(第6号に定めます。なお、新卒者および既卒者を合わせて「会員」といいます。)を対象とした、事業者の採用活動を支援するインターネットウェブサイトまたは当該サイトに含まれるサービスの総称をいいます。当社は、株式会社リクルートキャリア(以下「リクルートキャリア」といいます。」)に対してリクナビダイレクトの管理・運営を委託します。
  2. 企業管理画面(応募管理ツールおよび原稿管理システム):原稿情報・プレエントリーおよび応募データ・予約の受付・個々の会員の採用状況について一元管理および検索を、事業者の手元のパソコンからインターネット経由で当社のデータベースサーバにアクセスすることにより、行うことが可能なリクナビダイレクト専用の応募管理支援および原稿管理システムとそのユーザーインターフェースをいいます。
  3. リクナビダイレクトサポートデスク:リクナビダイレクトに付随して提供されるサービスで、事業者からのリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する問合わせの受付を行う組織をいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託します。
  4. リクナビダイレクトマニュアル:当社が事業者に提供する事業者がリクナビダイレクトを適切に利用するための操作方法・注意事項等リクナビダイレクト利用上の諸規則・運用ルールの総称または当該運用ルールを記載した文書(企業管理画面上で当社によりなされる告知を含みますがこれに限られません。)をいいます。
  5. 新卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う2018年4月1日から2019年3月31日までに卒業または卒業予定の学生をいいます。
  6. 既卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う大学等を2015年4月1日から2018年3月31日までに卒業した者をいいます。
  7. 応募:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者との訪問会に応募をすることをいいます。
  8. プレエントリー:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者と個別に連絡(事業者への質問や選考への参加などを含みますがこれらに限りません。)を取ることをいいます。

第3条(リクナビダイレクトの利用申込)

  1. 事業者は、リクナビダイレクトの利用にかかる申込を行う場合には、リクナビダイレクトが会員を従業員として採用したい会社を対象としたサービスであること、リクナビダイレクトの仕組みおよびリクナビダイレクトにより提供されるサービスの内容を理解・承諾の上、別途当社が指定する方法により申し込むものとします。

第4条(契約の成立)

  1. 前条の事業者によるリクナビダイレクトの利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の取引基準(就業規則・給与規定等の社内規定が整備されていること、社会保険を完備していることを含みます。)に基づく審査により、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間に本契約が成立するものとします。ただし、事業者は、本規約の内容を理解しこれに同意した場合に限り、リクナビダイレクトを利用することができるものとします。なお、申込時に本規約への同意ボタンがクリックされたことまたはFAX等により当社に対して申込書を送信したことをもって、事業者が本規約に同意したものとみなします。
  2. リクナビダイレクトの企業管理画面の利用期間には制限があります。また、企業管理画面の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載可能期間は、申込書または申込フォームに記載された期間とします。
  3. 契約期間中であっても、事業者が取引基準に照らして適格ではないと当社が合理的に判断する場合には、掲載中の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載停止、掲載情報の削除、ID等(第6条第1項に定めます。)の利用停止等、当社が必要だと判断する対応をします。

第5条(リクナビダイレクトの利用)

  1. リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版のサービス提供期間は、2018年3月1日から2019年3月31日までとします。ただし、サービス提供期間に応募またはプレエントリーをおこなった会員については、サービス提供期間終了後も、当該会員の応募またはプレエントリーが完了するまたは終了するまで本規約が適用されるものとします。
  2. リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版の申込み時点において、次年度以降のリクナビダイレクト(ただし、有料オプションは除きます。)の利用を事業者が希望する場合で、当社が次年度以降にリクナビダイレクトにおいてリクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版と同等のサービスを提供し、当社の認めるときには、当社は、事業者が同サービスの利用規約に同意した上で同サービスに申し込んだものとみなし、翌年度以降も同様とします。ただし、第4条第1項に定める通り、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間にリクナビダイレクト利用にかかる契約が成立するものとし、当社は当社の裁量により事業者の申込みを承諾しないことができるものとします。
  3. 事業者は、リクナビダイレクトを利用するにあたり、本規約に規定する事項、リクナビダイレクトマニュアルおよび当社が定める本サービス利用上の諸規則・運用ルール(ガイドライン、諸規則、注意事項等名称を問いません。)を遵守するものとします。なお、当社は、リクナビダイレクトマニュアルにつき、自己の判断により事業者への通知をもって適宜変更することができるものとし、リクナビダイレクトマニュアルおよび本サービス利用上の諸規則・運用ルールは本規約の一部とします。
  4. 当社は、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたり、事業者に対し、予めリクナビダイレクトマニュアル、その他当社が必要と判断するリクナビダイレクトの機能・サービス内容の詳細・利用方法等についての資料をインターネット上閲覧可能な形式もしくは書面にて提供するものとします。
  5. 事業者は、当社に対し、職業安定法その他各種法令等(以下あわせて「法令」といいます。)に抵触する可能性のある業務を委託することはできません。また、当社が事業者より実施の依頼を受けた業務につき、当社が法令に抵触する可能性があると判断した場合には、当社は当該業務の実施依頼を拒絶することができます。
  6. 当社は、本規約に規定する当社の義務と同等の義務を課した上で、リクナビダイレクトに係る業務の全部または一部の業務を、第三者へ委託できるものとします (以下、かかる第三者を「委託先」といいます。) 。
  7. リクナビダイレクトの利用にあたり、事業者は、当社に対し、統一した連絡窓口を予め通知するものとします。また、事業者は、当該窓口に変更が生じる場合には、予め当社に通知するものとします。

第6条(リクナビダイレクト利用企業ID・パスワード)

  1. 当社は、本契約が成立した場合には、事業者に対し、リクナビダイレクトの利用にかかるIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます。)を発行するものとします。
  2. 事業者は、個人情報保護及びセキュリティ保持の必要上、ID等について厳重な管理義務を負うものであり、第三者にID等を譲渡してはならないものとします。但し、事業者が事務処理の必要性からID等を業務委託先に使用させる場合には、事業者の一切の責任においてこれを行うものとし、それにかかる事故等に関し、当社は何らの責任も負わないものとします。
  3. 当社または事業者の都合によりID等を再発行する場合には、当社は、情報セキュリティの観点から事業者にかかる認証を行うことができるものとします。なお、事業者は、ID等の再発行にかかる事務処理は一定の時間を要し、当社が即時の再発行には応じられないことを予め承諾します。

第7条(リクナビダイレクトへの会社情報および各種プログラム募集情報の掲載)

  1. 事業者は、事業者の会社情報および事業者の募集・採用情報、採用活動に係る活動(「各種プログラム」といいます。)、事業者が企画運営する訪問会日程等(以下あわせて「会社情報等」といいます。)を事業者の端末等から企業管理画面に直接登録し、当社の審査に合格した場合に、リクナビダイレクト上に掲載することができるものとします。この場合、事業者は、当社の定める掲載基準(以下「掲載基準」といいます。)を遵守の上、会社情報等を自己の責任と判断において適宜登録するものとします。 なお、本項に定める当社の審査、または事業者による会社情報等の掲載中に行う当社の審査において、会社情報等の一部の情報の掲載について当社が不適格と判断した場合、事業者に事前の通知なく、当社の裁量で、当該情報の掲載の留保、停止または事業者に対する修正依頼等必要な対応することができるものとします。
  2. 事業者が登録した会社情報等が掲載基準に反する場合または事実に反すると当社が判断した場合には、当社は、登録された会社情報等の掲載を留保し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合、事業者が当該会社情報等の掲載を希望する場合には、事業者は、掲載基準を満たした内容に修正の上、再度会社情報等の登録を行うものとし、当社は、掲載基準に適う内容であることを確認できた場合に掲載を行うものとします。なお、事業者が予め希望する日時までに掲載の処理を行えない場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。また、当社は、事業者が登録した会社情報等を掲載した場合であっても、会社情報等が法令に違反していないこと等、一切保証いたしません。
  3. 事業者は、本条に基づき掲載された会社情報等に変更が生じた場合には、直ちに掲載情報に当該変更内容を反映させるものとします。
  4. 掲載された会社情報等が掲載基準に反することまたは事実に反することが明らかになった場合には、当社は、掲載されている会社情報等の掲載を留保または中止し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合の当該会社情報等の掲載についても第2項と同様とします。
  5. リクナビダイレクトに関する一切の著作権は、当社またはリクルートキャリアが有するものとします。ただし、事業者または事業者から委託を受けた第三者が作成した原稿、写真等については、この限りではなく、事業者は、リクナビダイレクトへの掲載等事業者の採用活動を支援する目的で当社が利用すること、当該利用にあたり当社が当該著作物を自由に複製・改変・削除等を行うことを予め承諾するものとし、著作者人格権を有する場合でも、行使しないものとします。事業者は、かかる著作物に含まれる権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません。)を有する第三者から、予めリクナビダイレクトでの利用にかかる許諾を得るとともに、当該利用に必要な権利処理の一切を行うものとします。なお、かかる著作物に関連して第三者からクレーム、請求等がなされた場合、事業者の責任において対応をするものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
  6. 事業者は、当社が、情報提供の多元化等を目的として、リクナビダイレクト以外のウェブサイトまたは各種メディアにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の転載を行うことがあり得ること、および第三者が当該第三者のウェブサイトにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の掲載を行うことがあり得ることについて、予め了承するものとします。
  7. 事業者は、プレエントリーを受けた場合、原則、当該プレエントリーを行った会員に対して何らかの連絡(プレエントリーに対する返信および質問等に対する回答を含みますが、これらに限りません。)を行うものとします。

第8条(リクナビダイレクトサポートデスクによるサービス)

  1. 当社は、リクナビダイレクトサポートデスクにおいて、事業者のために事業者のリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する電話、ファックスおよびe-mailによる問合せの受付を行うものとします。リクナビダイレクトサポートデスクの受付時間は、当社が別途定めるところに従います。なお、リクナビダイレクトサポートデスクは、問合わせ内容の正確な把握および今後のサービス向上等のために音声を録音ことがあります。事業者はこれを承諾した上でリクナビダイレクトサポートセンターを利用するものとします。
  2. リクナビダイレクトサポートデスクは、事業者からの問い合わせに対応するにあたり必要となる範囲で、事業者の原稿・メール内容、学生等の事業者に対する応募・プレエントリーを含む選考の進捗状況、事業者と学生等の間でやり取りされたメッセージの存否・その内容、および事業者の各種設定状況等を確認することがあります。

第9条(リクナビダイレクト、応募情報および機密情報の目的外利用の禁止)

  1. 事業者は、リクナビダイレクトにより提供されるサービス、会員が事業者に提供した応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報(以下、応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報をあわせて「応募情報」といいます。)を各種プログラムの実施目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であると否とを問いません。)に一切使用しないものとします。
  2. 事業者は、応募を受けた場合、応募のあった募集職種について、事業者で設定した日時で、会員と訪問会を開催することとします。
  3. 事業者は、応募情報を機密として厳重かつ適正に取扱うものとし、会員の本人の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
  4. 事業者による応募情報の使用および管理に関し、会員その他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかるクレームや訴訟に対して、事業者は一切の責任と費用でこれを解決するものとし、当社が一切の責任を負わないことに同意するものとします。
  5. 事業者は、リクナビダイレクトの利用を通じて知りうる当社の一般に公開していない情報(リクナビダイレクトに関する情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース等を含む)の一切を第三者へ開示・漏洩もしくは事業者自らのために利用してはならないものとします。
  6. 事業者は、リクナビダイレクトの操作を第三者に委託する場合も本条項と同等の義務を当該第三者に負わせるものとします。但しそれにより事業者の責を免れるものではなく、事業者及び第三者は連帯して責任を負担します。

第10条(個人情報および応募情報データの閲覧および利用)

当社およびリクルートキャリアは、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、次の各号に定めるとおり、利用者の個人情報を閲覧および利用するものとし、事業者は、これを予め承諾するものとします。

  1. 事業者は、当社およびリクルートキャリアが、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、必要な範囲内で、事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあることを予め承諾するものとします。なお、この場合、当社およびリクルートキャリアを含む当社の委託先のうち、事業者を担当する関係者についても事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあるものとします。
  2. 前号に規定する閲覧および利用は、本契約の有効期間終了後も継続するものとします。
  3. 当社は、リクナビダイレクトの遂行にあたって取得した個人情報を、本規約の定めに従って保持します。
  4. 当社およびリクルートキャリアは、企業情報等、応募、訪問会予約、採用ステータスその他の事業者および会員によるリクナビダイレクトの利用記録およびリクナビダイレクトを運営するために当社またはリクルートキャリアが取得した個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(事業者および第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、事業者はこれを承諾します。

第11条(保守作業等によるリクナビダイレクトの運営の一時的な停止)

  1. 当社は、次の各号に該当する場合には事業者への事前の通知や承諾なしに、リクナビダイレクトの一時的な運営の停止を行うことがあり、事業者は、これを予め承諾します。
    1. (1)リクナビダイレクトにかかるサーバの保守またはリクナビダイレクトの仕様の変更もしくはシステムの瑕疵の修補等を行う場合
    2. (2)天災地変その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、または法令等の改正・成立によりリクナビダイレクトの運営が困難または不可能になった場合
    3. (3)上記各号の他、当社がやむを得ない事由によりリクナビダイレクトの運営上一時的な停止が必要と判断した場合
  2. 前項に定めるリクナビダイレクトの一時的な運営の停止により、事業者が登録した会社情報等のリクナビダイレクト上への反映の遅れまたは会員からの各種プログラムへの応募・予約等に遅れが生じた場合でも、当社は 、何らの責任も負わないものとします。

第12条(インターフェイスの変更)

  1. 事業者は、当社がリクナビダイレクトを取り巻くシステム環境の変化、リクナビダイレクトのシステムにかかる瑕疵の修捕、リクナビダイレクト利用上の不都合または多数の事業者からの要請等により、事業者への事前の通知なくインターフェイスを変更する場合があることおよび当該変更の結果変更後のインターフェイスとリクナビダイレクトマニュアルまたはリクナビダイレクトマニュアル内の表示等が異なる事態が生じることを予め承諾します。

第13条(利用料および支払)

  1. 事業者は、事業者が申し込んだサービスが利用可能な状態となった時点で、第3条に基づき事業者が提出した申込書に記載した金額をリクナビダイレクト利用料(以下「利用料」といいます。)として支払わなければならないものとし、事業者がその後サービス利用の期間を短縮する等、申込内容を変更した場合であっても、利用料は、減額されないものとします。
  2. 事業者が別途当社の定めるオプションサービス(以下「オプションサービス」といいます。)の利用を希望する場合は、別途当社が指定するオプションサービスの申込フォームに記載した金額をオプションサービス利用料(以下「オプションサービス利用料」といいます。)として支払い債務を負担します。
  3. 事業者は、サービス期間の途中において本契約が終了した場合(当社の責に帰すべき事由による場合を除く。)においても利用料およびオプションサービス利用料(以下総称して「利用料等」といいます。)の支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料等を当社に支払っている場合には、当社は事業者に対し理由の如何を問わず当該利用料等の返還義務を負わないものとします。
  4. 事業者は、当社発行の請求書を受領した場合、請求書に記載された支払期日までに当社の指定する金融機関の口座への振込等にて利用料等を支払うものとします。なお、支払にかかる手数料は、事業者の負担とします。

第14条(規約の変更)

  1. 当社は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下「変更条件」といいます。)の適用開始日の2週間以上前から適用開始日まで、変更条件を事業者向け企業管理画面において掲載するものとします。
  2. 事業者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の掲載日より2週間以内に、書面にて当社に対して通知しなければなりません。
  3. 当社が前項の通知を受領した場合は、当該変更条件適用開始日の前日をもって本契約は終了するものとします。但し、第13条の規定にしたがい、事業者は利用料の全額について支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を支払っている場合には、当社は事業者に対し利用料の返還義務を負わないものとします。
  4. 前3項の規定により本契約が終了する場合を除き、本規約は、適用開始日に、当該変更条件どおりに当然に変更されるものとします。

第15条(当社の機密保持義務)

  1. 当社は、事業者のリクナビダイレクトの利用により、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたって当社に提供した情報(企業管理画面に登録した会社情報等、取引基準に関連する審査をするために事業者から提供を受けた情報を含みます。)を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、当該事業者の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、当社またはリクルートキャリアは、会社情報等および次項に規定する事業者の個人情報をもとに当該事業者の個社および会員の個人を特定できない形式による統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。
  2. 当社は、事業者から管理を委託された個人情報(以下「事業者の個人情報」といいます。)を機密として保持し、事業者の事前の書面による承諾なく、事業者の個人情報の複写、破壊、改竄、第三者への開示および漏洩、情報開示目的以外での利用を行いません。
  3. 当社は、事業者の個人情報、会社情報等を企業管理画面にて事業者が確認できるよう適正に管理します。なお、事業者の個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。保管期間が経過した事業者の個人情報は速やかに消去します。
  4. 当社は、事業者の個人情報の取扱いに関する管理責任者を選定し、業務遂行上事業者の個人情報を取り扱うことが必要な従業者(当社との雇用関係の有無を問いません。)のみ事業者の個人情報を取扱わせるものとします。
  5. 当社は、業務上必要な範囲内でのみ第三者に事業者の個人情報を取り扱う業務の全部または一部を委託することができるものとします(リクルートキャリアを含み、以下、かかる第三者を「委託先」といいます。)。但し、その場合、当社は、本条における当社の義務と同等の義務を委託先にも負わせるものとします。
  6. 当社は、事業者から事業者の個人情報の管理体制についての報告を求められた場合、第三者の個人情報の秘匿性を害することがない方法及び内容で、事業者に対して当該報告を行うものとします。
  7. 当社は、国その他の公権力により適法に事業者の個人情報の開示を命令された場合、当該公権力に対し事業者の個人情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令を受けた場合、当社は、可能な限り事業者の個人情報の機密性の保持に努めます。

第16条(当社の免責)

  1. 事業者は、自己の責任によりリクナビダイレクトを利用するものとし、当社は、本契約もしくはその履行およびリクナビダイレクトの利用に関して事業者につき生じた損害について、当社の故意または重大な過失による損害であることが明白な場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、かかる責任は、直接かつ通常の損害の範囲に限られ、かつ事業者の本契約に基づく支払済みの対価相当額を上限とします。
  2. 当社は、前項にかかわらず、第15条の義務に違反し、事業者の個人情報の帰属主体(以下「本人」といいます。)に損害を与えた場合には、本人に対する責任を負うものとし、事業者が本人からの請求に応じて損害賠償をした場合、その賠償金相当額を事業者に対して支払うものとします。但し、事業者が本人から損害賠償の請求を受けた後直ちに当社に対してその旨通知し、当社に対して紛争解決にあたる機会を与えなかった場合はこの限りではありません。
  3. 当社は、天災地変その他不可抗力(当社の責めに帰すべき事由によらない回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みます。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。
  4. 当社は、業務上通常要求される程度の合理的な措置を当社が講じていたにも関わらず、事業者又は第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(①ウイルスによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、③プロバイダのダウン、④事業者の操作ミスによるデータの流出・損壊、各種プログラムの募集機会の損失及び誤った情報の掲載並びに⑤システム環境の変化による障害、リクナビダイレクトにかかるシステムの瑕疵などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。
  5. 事業者は、企業管理画面の利用に当たって電子ファイルを添付する場合には、自己の責任においてウィルスチェック等を行うものとし、事業者の添付ファイルによって第三者に損害が発生した場合には、事業者は自己の費用と責任をもって当該第三者への対応に当たるものとします。
  6. 当社は、事業者に対し、会員の登録内容の真実性、最新性、確実性および当該情報が第三者の権利を侵害していないこと、会員の各種プログラムの応募の確実性、事業者に応募する会員の資質・能力および事業者への適合性等、リクナビダイレクトの効果および事業者がリクナビダイレクトおよび各種プログラムを通じて募集した会員に関する何らの保証も行わないものとします。

第17条(権利義務譲渡の禁止)

  1. 事業者は、本契約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

第18条(事業者の順守事項)

  1. セキュリティ保持の必要性に鑑み、事業者の自動巡回プログラム等によりリクナビダイレクトに関するシステムの全部又は一部に過負荷をもたらすおそれのある行為または当社の事前の書面による承諾なく、各種イベントの告知・応募管理等の目的を超えたアクセス(セキュリィティー診断、検査その他アクセスの目的および方法を問いません。)は一切禁止します。万一事業者が当該行為を行った場合、当社はこれに対し事前予告なくして遮断措置等技術上の措置を講じることができるものとし、これにより事業者に損失が生じた場合でも当社は何ら責任を負わないものとします。
  2. 事業者はリクナビダイレクトを利用するにあたり、次の各号を遵守することとします。
    1. 関係諸法規に違反しないこと
    2. 非合法な業態をとらないこと、または非合法な商品、役務の提供を行わないこと
    3. プライバシー、知的財産権など他者の権利を侵害する行為を行わないこと
    4. 国籍、人種、思想、信条、身体条件、家庭環境、出身地、居住地、性別、年齢制限など差別の肯定・助長する行為および会員に対する扱いを行わないこと(「ポジティブアクション」等男女雇用機会均等法に違反しない性別制限、雇用対策法に基づく年齢制限の場合は除きます。)
    5. 公序良俗に反する業態をとらないこと、または公序良俗に反する商品、役務の提供を行わないこと
    6. 性風俗特殊営業、電話異性紹介営業、性風俗特殊営業などの成人向けの商品、役務の提供を行わないこと
    7. パチンコ、競馬、競輪、競艇、オートレース等、ギャンブル性の高い情報の予想ソフト、攻略情報の提供を行わないこと
    8. 特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する広告・宣伝を行わないこと
    9. 意見広告・宗教広告等、思想信条に関する広告・宣伝を行わないこと
    10. 事業者および事業者の役員・従業員、株主その他実質的に事業者の全部または一部を支配する者が反社会的勢力でなく、かつ、反社会的勢力が経営に関与していないこと
    11. 掲載基準等当社の定めるルールに反する情報の提供その他利用を行わないこと
  3. 事業者はリクナビダイレクトを経由して事業者に応募のあった会員を、第三者(事業者のグループ会社を含みますがこれに限られません。)との雇用契約(正社員、契約社員、アルバイト、派遣従業員および業務委託等契約形態を問いません。)の会員として紹介、斡旋等はできないこととします。

第19条(反社会的勢力の排除)

  1. 事業者および当社は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 事業者および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為

第20条(解除)

  1. 当社または事業者は、相手方が次の各号の一に該当するときには、相手方に対し通知を行うことにより、即時に本契約を解除またはリクナビダイレクトの一定期間の利用を停止することができます。
    1. 本規約の規定に違反したとき
    2. 相手方の信用を傷つけたとき
    3. 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
    4. 手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
    5. 事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
    6. 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
    7. 信用に不安が生じたとき
    8. 事業を廃止したとき、または清算にはいったとき
    9. 事業者が法令違反その他社会的合意に反する行為等を行ったことにより当社がリクナビダイレクトに会社情報等を掲載することが望ましくないと判断したとき
    10. その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき
  2. 当社は、前項各号に定める事項の他、第三者からの苦情または事業者に起因するトラブル等から、事業者によるリクナビダイレクトの利用が、当社またはリクナビダイレクトの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した場合には、事業者に対し通知することにより、本契約を即時に解除することができるものとします。
  3. 事業者は、前2項の規定により本契約を解除された場合には、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する一切の債務を弁済するものとします。

第21条(合意管轄)

  1. 本規約及び本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第22条(存続条項)

  1. 本契約終了後も、第9条、第15条、第17条、第18条、第19条、第21条および本条は有効に存続するものとします。

第23条(協議解決)

  1. 本規約および運用ルール等の解釈に疑義が生じた場合、または本規約および運用ルール等に規定されていない事項については、当社と事業者は、協議の上円満に解決するものとします。

(附則)
平成29年9月1日作成・適用
平成30年4月1日改訂・適用

免責事項

  1. お問い合わせフォームのご利用に関し、当社に損害賠償責任が生じた場合の賠償責任は、通常かつ直接の範囲内に限定されます。但し、いかなる場合であっても、不法行為、契約その他いかなる法的根拠による場合であっても、当社は、お客様その他の第三者に対し、お問い合わせフォームを利用したこと、または利用しなかったことにより発生した営業価値・営業利益の損失、業務の停止、コンピュータの故障による損害、その他あらゆる商業的損害・損失を含め一切の間接的、偶発的、特殊的、付随的、結果的または懲罰的損害について責任を負いません。当社がそのような損害発生の可能性について事前に知らされていた場合、および直接損害の発生が当社の責めに帰すべき事由によらない場合も同様とします。
  2. お客様がお問い合わせフォームの利用を通じて、当社または第三者に対して損害を与えた場合、お客様は自己の費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、当社に対しいかなる補償・補填も請求し得ないものとします。
  3. お問い合わせフォームの利用を通じて、お客様と第三者との間で紛争が生じた場合、お客様の責任において当該紛争を解決するものとし、当社に対し、仲裁、照会その他のいかなる請求もできません。
  4. 当社はお問い合わせフォームにおいて、必要に応じて定期メンテナンスを行います。定期メンテナンス時にはシステムの一時停止や一部機能が利用できないことがあります。
  5. 当社は、お問い合わせフォームの内容を、お客様への事前の通知なくして変更することがありますが、お客様はそれに同意するものとし、それにより特定のサービスがご利用できなくなること、その他、お客様に不利益または損害が発生したとしても、当社は一切その責を負わないものとします。
  6. 当社は以下の各号のいずれかに該当する場合には、お問い合わせフォームの提供を停止することがあります。
    1. お問い合わせフォームを提供するために必要なシステムおよび電気通信設備の、保守上または工事上やむを得ないとき、またこれらにやむを得ない障害が発生したとき
    2. お問い合わせフォームに著しい負荷や障害が与えられることによって正常なサービスを提供することが困難である場合、または困難であるとCSTAPが判断したとき
    3. データの改ざん、ハッキング等本サービスを提供することにより、お客様、第三者等が著しい損害を受ける可能性をCSTAPが認知したとき
    4. 電気通信事業者または国内外の電気通信事業体が電気通信サービスの提供を中止、および停止することにより、お問い合わせフォームの提供を行なうことが困難になったとき
    5. 天災地変、戦争、内乱、法令の制定改廃その他不可抗力等により、非常事態が発生した場合、またはそのおそれがあるとき
    6. その他、CSTAPが本サービスの提供を停止、緊急停止する必要があると判断した場合
  7. 当社はお客様および第三者からの緊急停止要請に関して原則としてこれを受け付けません。
  8. 当社がお問い合わせフォームの提供を停止すること、ならびに停止できなかったことによってお客様、および第三者が損害を被った場合も、当社は一切の賠償責任を負いません。

プライバシーポリシー

お申し込みの際にご提供いただいたお客様の個人情報につきましては、細心の注意を払い取り扱わせていただきます。

  1. (株)リクルート及び(株)リクルートのグループ会社(以下、総称して「Rグループ」といいます)並びに販売代理店は、お客様の個人情報を、お申し込みいただいた広告掲載及び(株)リクルートが提供するその他サービス提供並びにこれらに付随する業務遂行のためにのみ利用いたします。
  2. Rグループ及び販売代理店は、お客様へ適切なご提案をさせていただくために、Rグループと販売代理店の各企業間で、上記の目的の範囲内で、お客様の個人情報を共有させていただくことがあります。
  3. お申込みに必要となる項目を記入、または入力いただかない場合は、当サービスを受けられない場合があります。
  4. Rグループ及び販売代理店は、個人情報を取扱う業務の一部または全部を外部委託することがあります。
  5. 個人情報の取扱いに関するお問合せは担当営業にご連絡ください。
  6. 原則として本人に限り、「個人情報の利用目的」の通知、登録した個人情報の開示、訂正、追加または削除、利用停止、ならびに第三者への提供の停止を求めることができるものとします。具体的な方法については担当営業にご連絡ください。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

リクナビダイレクト2018・リクナビダイレクト既卒版 利用規約

第1条(規約の適用)

  1. リクナビダイレクト利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社リクル-ト(以下「当社」といいます。)と「リクナビダイレクト」(次条の定義に従います。)の利用にかかる契約(以下「本契約」といいます。 )を締結した事業者(以下「事業者」といいます。)に対して適用されるものとします。
  2. 当社は、本規約に基づき事業者にリクナビダイレクトにかかるサービスを提供するものとし、事業者は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。

第2条(基本用語の定義)

本規約において使用する基本用語の定義は、次の各号とおりとします。

  1. リクナビダイレクト:当社が提供する、大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高等専門学校および各種学校(海外の大学等を含み以下、「大学等」といいます。) の新卒者(第5号に定めます。)または既卒者(第6号に定めます。なお、新卒者および既卒者を合わせて「会員」といいます。)を対象とした、事業者の採用活動を支援するインターネットウェブサイトまたは当該サイトに含まれるサービスの総称をいいます。当社は、株式会社リクルートキャリア(以下「リクルートキャリア」といいます。」)に対してリクナビダイレクトの管理・運営を委託します。
  2. 企業管理画面(応募管理ツールおよび原稿管理システム):原稿情報・プレエントリーおよび応募データ・予約の受付・個々の会員の採用状況について一元管理および検索を、事業者の手元のパソコンからインターネット経由で当社のデータベースサーバにアクセスすることにより、行うことが可能なリクナビダイレクト専用の応募管理支援および原稿管理システムとそのユーザーインターフェースをいいます。
  3. リクナビダイレクトサポートデスク:リクナビダイレクトに付随して提供されるサービスで、事業者からのリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する問合わせの受付を行う組織をいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託します。
  4. リクナビダイレクトマニュアル:当社が事業者に提供する事業者がリクナビダイレクトを適切に利用するための操作方法・注意事項等リクナビダイレクト利用上の諸規則・運用ルールの総称または当該運用ルールを記載した文書(企業管理画面上で当社によりなされる告知を含みますがこれに限られません。)をいいます。
  5. 新卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う2017年4月1日から2018年3月31日までに卒業または卒業予定の学生をいいます。
  6. 既卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う大学等を2014年4月1日から2017年3月31日までに卒業した者をいいます。
  7. 応募:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者との訪問会に応募をすることをいいます。
  8. プレエントリー:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者と個別に連絡(事業者への質問や選考への参加などを含みますがこれらに限りません。)を取ることをいいます。

第3条(リクナビダイレクトの利用申込)

事業者は、リクナビダイレクトの利用にかかる申込を行う場合には、リクナビダイレクトが会員を従業員として採用したい会社を対象としたサービスであること、リクナビダイレクトの仕組みおよびリクナビダイレクトにより提供されるサービスの内容を理解・承諾の上、別途当社が指定する方法により申し込むものとします。

第4条(契約の成立)

  1. 前条の事業者によるリクナビダイレクトの利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の取引基準(就業規則・給与規定等の社内規定が整備されていること、社会保険を完備していることを含みます。)に基づく審査により、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間に本契約が成立するものとします。ただし、事業者は、本規約の内容を理解しこれに同意した場合に限り、リクナビダイレクトを利用することができるものとします。なお、申込時に本規約への同意ボタンがクリックされたことまたはFAX等により当社に対して申込書を送信したことをもって、事業者が本規約に同意したものとみなします。
  2. リクナビダイレクトの企業管理画面の利用期間には制限があります。また、企業管理画面の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載可能期間は、申込書または申込フォームに記載された期間とします。
  3. 契約期間中であっても、事業者が取引基準に照らして適格ではないと当社が合理的に判断する場合には、掲載中の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載停止、掲載情報の削除、ID等(第6条第1項に定めます。)の利用停止等、当社が必要だと判断する対応をします。

第5条(リクナビダイレクトの利用)

  1. リクナビダイレクト2018・リクナビダイレクト既卒版のサービス提供期間は、2017年3月1日から2018年3月31日までとします。ただし、サービス提供期間に応募またはプレエントリーをおこなった会員については、サービス提供期間終了後も、当該会員の応募またはプレエントリーが完了するまたは終了するまで本規約が適用されるものとします。
  2. 事業者は、リクナビダイレクトを利用するにあたり、本規約に規定する事項、リクナビダイレクトマニュアルおよび当社が定める本サービス利用上の諸規則・運用ルール(ガイドライン、諸規則、注意事項等名称を問いません。)を遵守するものとします。なお、当社は、リクナビダイレクトマニュアルにつき、自己の判断により事業者への通知をもって適宜変更することができるものとし、リクナビダイレクトマニュアルおよび本サービス利用上の諸規則・運用ルールは本規約の一部とします。
  3. 当社は、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたり、事業者に対し、予めリクナビダイレクトマニュアル、その他当社が必要と判断するリクナビダイレクトの機能・サービス内容の詳細・利用方法等についての資料をインターネット上閲覧可能な形式もしくは書面にて提供するものとします。
  4. 事業者は、当社に対し、職業安定法その他各種法令等(以下あわせて「法令」といいます。)に抵触する可能性のある業務を委託することはできません。また、当社が事業者より実施の依頼を受けた業務につき、当社が法令に抵触する可能性があると判断した場合には、当社は当該業務の実施依頼を拒絶することができます。
  5. 当社は、本規約に規定する当社の義務と同等の義務を課した上で、リクナビダイレクトに係る業務の全部または一部の業務を、第三者へ委託できるものとします (以下、かかる第三者を「委託先」といいます。) 。
  6. リクナビダイレクトの利用にあたり、事業者は、当社に対し、統一した連絡窓口を予め通知するものとします。また、事業者は、当該窓口に変更が生じる場合には、予め当社に通知するものとします。

第6条(リクナビダイレクト利用企業ID・パスワード)

  1. 当社は、本契約が成立した場合には、事業者に対し、リクナビダイレクトの利用にかかるIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます。)を発行するものとします。
  2. 事業者は、個人情報保護及びセキュリティ保持の必要上、ID等について厳重な管理義務を負うものであり、第三者にID等を譲渡してはならないものとします。但し、事業者が事務処理の必要性からID等を業務委託先に使用させる場合には、事業者の一切の責任においてこれを行うものとし、それにかかる事故等に関し、当社は何らの責任も負わないものとします。
  3. 当社または事業者の都合によりID等を再発行する場合には、当社は、情報セキュリティの観点から事業者にかかる認証を行うことができるものとします。なお、事業者は、ID等の再発行にかかる事務処理は一定の時間を要し、当社が即時の再発行には応じられないことを予め承諾します。

第7条(リクナビダイレクトへの会社情報および各種プログラム募集情報の掲載)

  1. 事業者は、事業者の会社情報および事業者の募集・採用情報、採用活動に係る活動(「各種プログラム」といいます。)、事業者が企画運営する訪問会日程等(以下あわせて「会社情報等」といいます。)を事業者の端末等から企業管理画面に直接登録し、当社の審査に合格した場合に、リクナビダイレクト上に掲載することができるものとします。この場合、事業者は、当社の定める掲載基準(以下「掲載基準」といいます。)を遵守の上、会社情報等を自己の責任と判断において適宜登録するものとします。 なお、本項に定める当社の審査、または事業者による会社情報等の掲載中に行う当社の審査において、会社情報等の一部の情報の掲載について当社が不適格と判断した場合、事業者に事前の通知なく、当社の裁量で、当該情報の掲載の留保、停止または事業者に対する修正依頼等必要な対応することができるものとします。
  2. 事業者が登録した会社情報等が掲載基準に反する場合または事実に反すると当社が判断した場合には、当社は、登録された会社情報等の掲載を留保し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合、事業者が当該会社情報等の掲載を希望する場合には、事業者は、掲載基準を満たした内容に修正の上、再度会社情報等の登録を行うものとし、当社は、掲載基準に適う内容であることを確認できた場合に掲載を行うものとします。なお、事業者が予め希望する日時までに掲載の処理を行えない場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。また、当社は、事業者が登録した会社情報等を掲載した場合であっても、会社情報等が法令に違反していないこと等、一切保証いたしません。
  3. 事業者は、本条に基づき掲載された会社情報等に変更が生じた場合には、直ちに掲載情報に当該変更内容を反映させるものとします。
  4. 掲載された会社情報等が掲載基準に反することまたは事実に反することが明らかになった場合には、当社は、掲載されている会社情報等の掲載を留保または中止し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合の当該会社情報等の掲載についても第2項と同様とします。
  5. リクナビダイレクトに関する一切の著作権は、当社またはリクルートキャリアが有するものとします。ただし、事業者または事業者から委託を受けた第三者が作成した原稿、写真等については、この限りではなく、事業者は、リクナビダイレクトへの掲載等事業者の採用活動を支援する目的で当社が利用すること、当該利用にあたり当社が当該著作物を自由に複製・改変・削除等を行うことを予め承諾するものとし、著作者人格権を有する場合でも、行使しないものとします。事業者は、かかる著作物に含まれる権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません。)を有する第三者から、予めリクナビダイレクトでの利用にかかる許諾を得るとともに、当該利用に必要な権利処理の一切を行うものとします。なお、かかる著作物に関連して第三者からクレーム、請求等がなされた場合、事業者の責任において対応をするものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
  6. 事業者は、当社が、情報提供の多元化等を目的として、リクナビダイレクト以外のウェブサイトまたは各種メディアにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の転載を行うことがあり得ること、および第三者が当該第三者のウェブサイトにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の掲載を行うことがあり得ることについて、予め了承するものとします。
  7. 事業者は、プレエントリーを受けた場合、原則、当該プレエントリーを行った会員に対して何らかの連絡(プレエントリーに対する返信および質問等に対する回答を含みますが、これらに限りません。)を行うものとします。

第8条(リクナビダイレクトサポートデスクによるサービス)

  • 当社は、リクナビダイレクトサポートデスクにおいて、事業者のために事業者のリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する電話、ファックスおよびe-mailによる問合せの受付を行うものとします。リクナビダイレクトサポートデスクの受付時間は、当社が別途定めるところに従います。なお、リクナビダイレクトサポートデスクは、問合わせ内容の正確な把握および今後のサービス向上等のために音声を録音ことがあります。事業者はこれを承諾した上でリクナビダイレクトサポートセンターを利用するものとします。
  • リクナビダイレクトサポートデスクは、事業者からの問い合わせに対応するにあたり必要となる範囲で、事業者の原稿・メール内容、学生等の事業者に対する応募・プレエントリーを含む選考の進捗状況、事業者と学生等の間でやり取りされたメッセージの存否・その内容、および事業者の各種設定状況等を確認することがあります。
  • 第9条(リクナビダイレクト、応募情報および機密情報の目的外利用の禁止)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトにより提供されるサービス、会員が事業者に提供した応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報(以下、応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報をあわせて「応募情報」といいます。)を各種プログラムの実施目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であると否とを問いません。)に一切使用しないものとします。
    2. 事業者は、応募を受けた場合、応募のあった募集職種について、事業者で設定した日時で、会員と訪問会を開催することとします。
    3. 事業者は、応募情報を機密として厳重かつ適正に取扱うものとし、会員の本人の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
    4. 事業者による応募情報の使用および管理に関し、会員その他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかるクレームや訴訟に対して、事業者は一切の責任と費用でこれを解決するものとし、当社が一切の責任を負わないことに同意するものとします。
    5. 事業者は、リクナビダイレクトの利用を通じて知りうる当社の一般に公開していない情報(リクナビダイレクトに関する情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース等を含む)の一切を第三者へ開示・漏洩もしくは事業者自らのために利用してはならないものとします。
    6. 事業者は、リクナビダイレクトの操作を第三者に委託する場合も本条項と同等の義務を当該第三者に負わせるものとします。但しそれにより事業者の責を免れるものではなく、事業者及び第三者は連帯して責任を負担します。

    第10条(個人情報および応募情報データの閲覧および利用)

    当社およびリクルートキャリアは、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、次の各号に定めるとおり、利用者の個人情報を閲覧および利用するものとし、事業者は、これを予め承諾するものとします。

    1. 事業者は、当社およびリクルートキャリアが、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、必要な範囲内で、事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあることを予め承諾するものとします。なお、この場合、当社およびリクルートキャリアを含む当社の委託先のうち、事業者を担当する関係者についても事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあるものとします。
    2. 前号に規定する閲覧および利用は、本契約の有効期間終了後も継続するものとします。
    3. 当社は、リクナビダイレクトの遂行にあたって取得した個人情報を、本規約の定めに従って保持します。
    4. 当社およびリクルートキャリアは、企業情報等、応募、訪問会予約、採用ステータスその他の事業者および会員によるリクナビダイレクトの利用記録およびリクナビダイレクトを運営するために当社またはリクルートキャリアが取得した個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(事業者および第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、事業者はこれを承諾します。

    第11条(保守作業等によるリクナビダイレクトの運営の一時的な停止)

    1. 当社は、次の各号に該当する場合には事業者への事前の通知や承諾なしに、リクナビダイレクトの一時的な運営の停止を行うことがあり、事業者は、これを予め承諾します。

    1. (1)リクナビダイレクトにかかるサーバの保守またはリクナビダイレクトの仕様の変更もしくはシステムの瑕疵の修補等を行う場合
    2. (2)天災地変その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、または法令等の改正・成立によりリクナビダイレクトの運営が困難または不可能になった場合
    3. (3)上記各号の他、当社がやむを得ない事由によりリクナビダイレクトの運営上一時的な停止が必要と判断した場合

    2. 前項に定めるリクナビダイレクトの一時的な運営の停止により、事業者が登録した会社情報等のリクナビダイレクト上への反映の遅れまたは会員からの各種プログラムへの応募・予約等に遅れが生じた場合でも、当社は 、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(インターフェイスの変更)

    事業者は、当社がリクナビダイレクトを取り巻くシステム環境の変化、リクナビダイレクトのシステムにかかる瑕疵の修捕、リクナビダイレクト利用上の不都合または多数の事業者からの要請等により、事業者への事前の通知なくインターフェイスを変更する場合があることおよび当該変更の結果変更後のインターフェイスとリクナビダイレクトマニュアルまたはリクナビダイレクトマニュアル内の表示等が異なる事態が生じることを予め承諾します。

    第13条(利用料および支払)

    1. 事業者は、事業者が申し込んだサービスが利用可能な状態となった時点で、第3条に基づき事業者が提出した申込書に記載した金額をリクナビダイレクト利用料(以下「利用料」といいます。)として支払わなければならないものとし、事業者がその後サービス利用の期間を短縮する等、申込内容を変更した場合であっても、利用料は、減額されないものとします。
    2. 事業者が別途当社の定めるオプションサービス(以下「オプションサービス」といいます。)の利用を希望する場合は、別途当社が指定するオプションサービスの申込フォームに記載した金額をオプションサービス利用料(以下「オプションサービス利用料」といいます。)として支払い債務を負担します。
    3. 事業者は、サービス期間の途中において本契約が終了した場合(当社の責に帰すべき事由による場合を除く。)においても利用料およびオプションサービス利用料(以下総称して「利用料等」といいます。)の支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料等を当社に支払っている場合には、当社は事業者に対し理由の如何を問わず当該利用料等の返還義務を負わないものとします。
    4. 事業者は、当社発行の請求書を受領した場合、請求書に記載された支払期日までに当社の指定する金融機関の口座への振込等にて利用料等を支払うものとします。なお、支払にかかる手数料は、事業者の負担とします。

    第14条(規約の変更)

    1. 当社は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下「変更条件」といいます。)の適用開始日の2週間以上前から適用開始日まで、変更条件を事業者向け企業管理画面において掲載するものとします。
    2. 事業者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の掲載日より2週間以内に、書面にて当社に対して通知しなければなりません。
    3. 当社が前項の通知を受領した場合は、当該変更条件適用開始日の前日をもって本契約は終了するものとします。但し、第13条の規定にしたがい、事業者は利用料の全額について支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を支払っている場合には、当社は事業者に対し利用料の返還義務を負わないものとします。
    4. 前3項の規定により本契約が終了する場合を除き、本規約は、適用開始日に、当該変更条件どおりに当然に変更されるものとします。

    第15条(当社の機密保持義務)

    1. 当社は、事業者のリクナビダイレクトの利用により、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたって当社に提供した情報(企業管理画面に登録した会社情報等、取引基準に関連する審査をするために事業者から提供を受けた情報を含みます。)を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、当該事業者の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、当社またはリクルートキャリアは、会社情報等および次項に規定する事業者の個人情報をもとに当該事業者の個社および会員の個人を特定できない形式による統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。
    2. 当社は、事業者から管理を委託された個人情報(以下「事業者の個人情報」といいます。)を機密として保持し、事業者の事前の書面による承諾なく、事業者の個人情報の複写、破壊、改竄、第三者への開示および漏洩、情報開示目的以外での利用を行いません。
    3. 当社は、事業者の個人情報、会社情報等を企業管理画面にて事業者が確認できるよう適正に管理します。なお、事業者の個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。保管期間が経過した事業者の個人情報は速やかに消去します。
    4. 当社は、事業者の個人情報の取扱いに関する管理責任者を選定し、業務遂行上事業者の個人情報を取り扱うことが必要な従業者(当社との雇用関係の有無を問いません。)のみ事業者の個人情報を取扱わせるものとします。
    5. 当社は、業務上必要な範囲内でのみ第三者に事業者の個人情報を取り扱う業務の全部または一部を委託することができるものとします(リクルートキャリアを含み、以下、かかる第三者を「委託先」といいます。)。但し、その場合、当社は、本条における当社の義務と同等の義務を委託先にも負わせるものとします。
    6. 当社は、事業者から事業者の個人情報の管理体制についての報告を求められた場合、第三者の個人情報の秘匿性を害することがない方法及び内容で、事業者に対して当該報告を行うものとします。
    7. 当社は、国その他の公権力により適法に事業者の個人情報の開示を命令された場合、当該公権力に対し事業者の個人情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令を受けた場合、当社は、可能な限り事業者の個人情報の機密性の保持に努めます。

    第16条(当社の免責)

    1. 事業者は、自己の責任によりリクナビダイレクトを利用するものとし、当社は、本契約もしくはその履行およびリクナビダイレクトの利用に関して事業者につき生じた損害について、当社の故意または重大な過失による損害であることが明白な場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、かかる責任は、直接かつ通常の損害の範囲に限られ、かつ事業者の本契約に基づく支払済みの対価相当額を上限とします。
    2. 当社は、前項にかかわらず、第15条の義務に違反し、事業者の個人情報の帰属主体(以下「本人」といいます。)に損害を与えた場合には、本人に対する責任を負うものとし、事業者が本人からの請求に応じて損害賠償をした場合、その賠償金相当額を事業者に対して支払うものとします。但し、事業者が本人から損害賠償の請求を受けた後直ちに当社に対してその旨通知し、当社に対して紛争解決にあたる機会を与えなかった場合はこの限りではありません。
    3. 当社は、天災地変その他不可抗力(当社の責めに帰すべき事由によらない回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みます。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。
    4. 当社は、業務上通常要求される程度の合理的な措置を当社が講じていたにも関わらず、事業者又は第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(①ウイルスによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、③プロバイダのダウン、④事業者の操作ミスによるデータの流出・損壊、各種プログラムの募集機会の損失及び誤った情報の掲載並びに⑤システム環境の変化による障害、リクナビダイレクトにかかるシステムの瑕疵などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。
    5. 事業者は、企業管理画面の利用に当たって電子ファイルを添付する場合には、自己の責任においてウィルスチェック等を行うものとし、事業者の添付ファイルによって第三者に損害が発生した場合には、事業者は自己の費用と責任をもって当該第三者への対応に当たるものとします。
    6. 当社は、事業者に対し、会員の登録内容の真実性、最新性、確実性および当該情報が第三者の権利を侵害していないこと、会員の各種プログラムの応募の確実性、事業者に応募する会員の資質・能力および事業者への適合性等、リクナビダイレクトの効果および事業者がリクナビダイレクトおよび各種プログラムを通じて募集した会員に関する何らの保証も行わないものとします。

    第17条(権利義務譲渡の禁止)

    事業者は、本契約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

    第18条(事業者の順守事項)

    1. セキュリティ保持の必要性に鑑み、事業者の自動巡回プログラム等によりリクナビダイレクトに関するシステムの全部又は一部に過負荷をもたらすおそれのある行為または当社の事前の書面による承諾なく、各種イベントの告知・応募管理等の目的を超えたアクセス(セキュリィティー診断、検査その他アクセスの目的および方法を問いません。)は一切禁止します。万一事業者が当該行為を行った場合、当社はこれに対し事前予告なくして遮断措置等技術上の措置を講じることができるものとし、これにより事業者に損失が生じた場合でも当社は何ら責任を負わないものとします。

    2. 事業者はリクナビダイレクトを利用するにあたり、次の各号を遵守することとします。

    1. 関係諸法規に違反しないこと
    2. 非合法な業態をとらないこと、または非合法な商品、役務の提供を行わないこと
    3. プライバシー、知的財産権など他者の権利を侵害する行為を行わないこと
    4. 国籍、人種、思想、信条、身体条件、家庭環境、出身地、居住地、性別、年齢制限など差別の肯定・助長する行為および会員に対する扱いを行わないこと(「ポジティブアクション」等男女雇用機会均等法に違反しない性別制限、雇用対策法に基づく年齢制限の場合は除きます。)
    5. 公序良俗に反する業態をとらないこと、または公序良俗に反する商品、役務の提供を行わないこと
    6. 性風俗特殊営業、電話異性紹介営業、性風俗特殊営業などの成人向けの商品、役務の提供を行わないこと
    7. パチンコ、競馬、競輪、競艇、オートレース等、ギャンブル性の高い情報の予想ソフト、攻略情報の提供を行わないこと
    8. 特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する広告・宣伝を行わないこと
    9. 意見広告・宗教広告等、思想信条に関する広告・宣伝を行わないこと
    10. 事業者および事業者の役員・従業員、株主その他実質的に事業者の全部または一部を支配する者が反社会的勢力でなく、かつ、反社会的勢力が経営に関与していないこと
    11. 掲載基準等当社の定めるルールに反する情報の提供その他利用を行わないこと

    3. 事業者はリクナビダイレクトを経由して事業者に応募のあった会員を、第三者(事業者のグループ会社を含みますがこれに限られません。)との雇用契約(正社員、契約社員、アルバイト、派遣従業員および業務委託等契約形態を問いません。)の会員として紹介、斡旋等はできないこととします。

    第19条(反社会的勢力の排除)

    1. 事業者および当社は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

    2. 事業者および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。

    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為

    第20条(解除)

    1. 当社または事業者は、相手方が次の各号の一に該当するときには、相手方に対し通知を行うことにより、即時に本契約を解除またはリクナビダイレクトの一定期間の利用を停止することができます。

    1. 本規約の規定に違反したとき
    2. 相手方の信用を傷つけたとき
    3. 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
    4. 手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
    5. 事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
    6. 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
    7. 信用に不安が生じたとき
    8. 事業を廃止したとき、または清算にはいったとき
    9. 事業者が法令違反その他社会的合意に反する行為等を行ったことにより当社がリクナビダイレクトに会社情報等を掲載することが望ましくないと判断したとき
    10. その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき

    2. 当社は、前項各号に定める事項の他、第三者からの苦情または事業者に起因するトラブル等から、事業者によるリクナビダイレクトの利用が、当社またはリクナビダイレクトの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した場合には、事業者に対し通知することにより、本契約を即時に解除することができるものとします。

    3. 事業者は、前2項の規定により本契約を解除された場合には、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する一切の債務を弁済するものとします。

    第21条(合意管轄)

    本規約及び本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    第22条(存続条項)

    本契約終了後も、第9条、第15条、第17条、第18条、第19条、第21条および本条は有効に存続するものとします。

    第23条(協議解決)

    本規約および運用ルール等の解釈に疑義が生じた場合、または本規約および運用ルール等に規定されていない事項については、当社と事業者は、協議の上円満に解決するものとします。

    (附則)

    リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版 利用規約

    第1条(規約の適用)

    1. リクナビダイレクト利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社リクル-ト(以下「当社」といいます。)と「リクナビダイレクト」(次条の定義に従います。)の利用にかかる契約(以下「本契約」といいます。 )を締結した事業者(以下「事業者」といいます。)に対して適用されるものとします。
    2. 当社は、本規約に基づき事業者にリクナビダイレクトにかかるサービスを提供するものとし、事業者は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。

    第2条(基本用語の定義)

    本規約において使用する基本用語の定義は、次の各号とおりとします。

    1. リクナビダイレクト:当社が提供する、大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高等専門学校および各種学校(海外の大学等を含み以下、「大学等」といいます。) の新卒者(第5号に定めます。)または既卒者(第6号に定めます。なお、新卒者および既卒者を合わせて「会員」といいます。)を対象とした、事業者の採用活動を支援するインターネットウェブサイトまたは当該サイトに含まれるサービスの総称をいいます。当社は、株式会社リクルートキャリア(以下「リクルートキャリア」といいます。」)に対してリクナビダイレクトの管理・運営を委託します。
    2. 企業管理画面(応募管理ツールおよび原稿管理システム):原稿情報・プレエントリーおよび応募データ・予約の受付・個々の会員の採用状況について一元管理および検索を、事業者の手元のパソコンからインターネット経由で当社のデータベースサーバにアクセスすることにより、行うことが可能なリクナビダイレクト専用の応募管理支援および原稿管理システムとそのユーザーインターフェースをいいます。
    3. リクナビダイレクトサポートデスク:リクナビダイレクトに付随して提供されるサービスで、事業者からのリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する問合わせの受付を行う組織をいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託します。
    4. リクナビダイレクトマニュアル:当社が事業者に提供する事業者がリクナビダイレクトを適切に利用するための操作方法・注意事項等リクナビダイレクト利用上の諸規則・運用ルールの総称または当該運用ルールを記載した文書(企業管理画面上で当社によりなされる告知を含みますがこれに限られません。)をいいます。
    5. 新卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う2018年4月1日から2019年3月31日までに卒業または卒業予定の学生をいいます。
    6. 既卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う大学等を2015年4月1日から2018年3月31日までに卒業した者をいいます。
    7. 応募:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者との訪問会に応募をすることをいいます。
    8. プレエントリー:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者と個別に連絡(事業者への質問や選考への参加などを含みますがこれらに限りません。)を取ることをいいます。

    第3条(リクナビダイレクトの利用申込)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトの利用にかかる申込を行う場合には、リクナビダイレクトが会員を従業員として採用したい会社を対象としたサービスであること、リクナビダイレクトの仕組みおよびリクナビダイレクトにより提供されるサービスの内容を理解・承諾の上、別途当社が指定する方法により申し込むものとします。

    第4条(契約の成立)

    1. 前条の事業者によるリクナビダイレクトの利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の取引基準(就業規則・給与規定等の社内規定が整備されていること、社会保険を完備していることを含みます。)に基づく審査により、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間に本契約が成立するものとします。ただし、事業者は、本規約の内容を理解しこれに同意した場合に限り、リクナビダイレクトを利用することができるものとします。なお、申込時に本規約への同意ボタンがクリックされたことまたはFAX等により当社に対して申込書を送信したことをもって、事業者が本規約に同意したものとみなします。
    2. リクナビダイレクトの企業管理画面の利用期間には制限があります。また、企業管理画面の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載可能期間は、申込書または申込フォームに記載された期間とします。
    3. 契約期間中であっても、事業者が取引基準に照らして適格ではないと当社が合理的に判断する場合には、掲載中の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載停止、掲載情報の削除、ID等(第6条第1項に定めます。)の利用停止等、当社が必要だと判断する対応をします。

    第5条(リクナビダイレクトの利用)

    1. リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版のサービス提供期間は、2018年3月1日から2019年3月31日までとします。ただし、サービス提供期間に応募またはプレエントリーをおこなった会員については、サービス提供期間終了後も、当該会員の応募またはプレエントリーが完了するまたは終了するまで本規約が適用されるものとします。
    2. リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版の申込み時点において、次年度以降のリクナビダイレクト(ただし、有料オプションは除きます。)の利用を事業者が希望する場合で、当社が次年度以降にリクナビダイレクトにおいてリクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版と同等のサービスを提供し、当社の認めるときには、当社は、事業者が同サービスの利用規約に同意した上で同サービスに申し込んだものとみなし、翌年度以降も同様とします。ただし、第4条第1項に定める通り、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間にリクナビダイレクト利用にかかる契約が成立するものとし、当社は当社の裁量により事業者の申込みを承諾しないことができるものとします。
    3. 事業者は、リクナビダイレクトを利用するにあたり、本規約に規定する事項、リクナビダイレクトマニュアルおよび当社が定める本サービス利用上の諸規則・運用ルール(ガイドライン、諸規則、注意事項等名称を問いません。)を遵守するものとします。なお、当社は、リクナビダイレクトマニュアルにつき、自己の判断により事業者への通知をもって適宜変更することができるものとし、リクナビダイレクトマニュアルおよび本サービス利用上の諸規則・運用ルールは本規約の一部とします。
    4. 当社は、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたり、事業者に対し、予めリクナビダイレクトマニュアル、その他当社が必要と判断するリクナビダイレクトの機能・サービス内容の詳細・利用方法等についての資料をインターネット上閲覧可能な形式もしくは書面にて提供するものとします。
    5. 事業者は、当社に対し、職業安定法その他各種法令等(以下あわせて「法令」といいます。)に抵触する可能性のある業務を委託することはできません。また、当社が事業者より実施の依頼を受けた業務につき、当社が法令に抵触する可能性があると判断した場合には、当社は当該業務の実施依頼を拒絶することができます。
    6. 当社は、本規約に規定する当社の義務と同等の義務を課した上で、リクナビダイレクトに係る業務の全部または一部の業務を、第三者へ委託できるものとします (以下、かかる第三者を「委託先」といいます。) 。
    7. リクナビダイレクトの利用にあたり、事業者は、当社に対し、統一した連絡窓口を予め通知するものとします。また、事業者は、当該窓口に変更が生じる場合には、予め当社に通知するものとします。

    第6条(リクナビダイレクト利用企業ID・パスワード)

    1. 当社は、本契約が成立した場合には、事業者に対し、リクナビダイレクトの利用にかかるIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます。)を発行するものとします。
    2. 事業者は、個人情報保護及びセキュリティ保持の必要上、ID等について厳重な管理義務を負うものであり、第三者にID等を譲渡してはならないものとします。但し、事業者が事務処理の必要性からID等を業務委託先に使用させる場合には、事業者の一切の責任においてこれを行うものとし、それにかかる事故等に関し、当社は何らの責任も負わないものとします。
    3. 当社または事業者の都合によりID等を再発行する場合には、当社は、情報セキュリティの観点から事業者にかかる認証を行うことができるものとします。なお、事業者は、ID等の再発行にかかる事務処理は一定の時間を要し、当社が即時の再発行には応じられないことを予め承諾します。

    第7条(リクナビダイレクトへの会社情報および各種プログラム募集情報の掲載)

    1. 事業者は、事業者の会社情報および事業者の募集・採用情報、採用活動に係る活動(「各種プログラム」といいます。)、事業者が企画運営する訪問会日程等(以下あわせて「会社情報等」といいます。)を事業者の端末等から企業管理画面に直接登録し、当社の審査に合格した場合に、リクナビダイレクト上に掲載することができるものとします。この場合、事業者は、当社の定める掲載基準(以下「掲載基準」といいます。)を遵守の上、会社情報等を自己の責任と判断において適宜登録するものとします。 なお、本項に定める当社の審査、または事業者による会社情報等の掲載中に行う当社の審査において、会社情報等の一部の情報の掲載について当社が不適格と判断した場合、事業者に事前の通知なく、当社の裁量で、当該情報の掲載の留保、停止または事業者に対する修正依頼等必要な対応することができるものとします。
    2. 事業者が登録した会社情報等が掲載基準に反する場合または事実に反すると当社が判断した場合には、当社は、登録された会社情報等の掲載を留保し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合、事業者が当該会社情報等の掲載を希望する場合には、事業者は、掲載基準を満たした内容に修正の上、再度会社情報等の登録を行うものとし、当社は、掲載基準に適う内容であることを確認できた場合に掲載を行うものとします。なお、事業者が予め希望する日時までに掲載の処理を行えない場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。また、当社は、事業者が登録した会社情報等を掲載した場合であっても、会社情報等が法令に違反していないこと等、一切保証いたしません。
    3. 事業者は、本条に基づき掲載された会社情報等に変更が生じた場合には、直ちに掲載情報に当該変更内容を反映させるものとします。
    4. 掲載された会社情報等が掲載基準に反することまたは事実に反することが明らかになった場合には、当社は、掲載されている会社情報等の掲載を留保または中止し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合の当該会社情報等の掲載についても第2項と同様とします。
    5. リクナビダイレクトに関する一切の著作権は、当社またはリクルートキャリアが有するものとします。ただし、事業者または事業者から委託を受けた第三者が作成した原稿、写真等については、この限りではなく、事業者は、リクナビダイレクトへの掲載等事業者の採用活動を支援する目的で当社が利用すること、当該利用にあたり当社が当該著作物を自由に複製・改変・削除等を行うことを予め承諾するものとし、著作者人格権を有する場合でも、行使しないものとします。事業者は、かかる著作物に含まれる権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません。)を有する第三者から、予めリクナビダイレクトでの利用にかかる許諾を得るとともに、当該利用に必要な権利処理の一切を行うものとします。なお、かかる著作物に関連して第三者からクレーム、請求等がなされた場合、事業者の責任において対応をするものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
    6. 事業者は、当社が、情報提供の多元化等を目的として、リクナビダイレクト以外のウェブサイトまたは各種メディアにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の転載を行うことがあり得ること、および第三者が当該第三者のウェブサイトにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の掲載を行うことがあり得ることについて、予め了承するものとします。
    7. 事業者は、プレエントリーを受けた場合、原則、当該プレエントリーを行った会員に対して何らかの連絡(プレエントリーに対する返信および質問等に対する回答を含みますが、これらに限りません。)を行うものとします。

    第8条(リクナビダイレクトサポートデスクによるサービス)

    1. 当社は、リクナビダイレクトサポートデスクにおいて、事業者のために事業者のリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する電話、ファックスおよびe-mailによる問合せの受付を行うものとします。リクナビダイレクトサポートデスクの受付時間は、当社が別途定めるところに従います。なお、リクナビダイレクトサポートデスクは、問合わせ内容の正確な把握および今後のサービス向上等のために音声を録音ことがあります。事業者はこれを承諾した上でリクナビダイレクトサポートセンターを利用するものとします。
    2. リクナビダイレクトサポートデスクは、事業者からの問い合わせに対応するにあたり必要となる範囲で、事業者の原稿・メール内容、学生等の事業者に対する応募・プレエントリーを含む選考の進捗状況、事業者と学生等の間でやり取りされたメッセージの存否・その内容、および事業者の各種設定状況等を確認することがあります。

    第9条(リクナビダイレクト、応募情報および機密情報の目的外利用の禁止)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトにより提供されるサービス、会員が事業者に提供した応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報(以下、応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報をあわせて「応募情報」といいます。)を各種プログラムの実施目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であると否とを問いません。)に一切使用しないものとします。
    2. 事業者は、応募を受けた場合、応募のあった募集職種について、事業者で設定した日時で、会員と訪問会を開催することとします。
    3. 事業者は、応募情報を機密として厳重かつ適正に取扱うものとし、会員の本人の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
    4. 事業者による応募情報の使用および管理に関し、会員その他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかるクレームや訴訟に対して、事業者は一切の責任と費用でこれを解決するものとし、当社が一切の責任を負わないことに同意するものとします。
    5. 事業者は、リクナビダイレクトの利用を通じて知りうる当社の一般に公開していない情報(リクナビダイレクトに関する情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース等を含む)の一切を第三者へ開示・漏洩もしくは事業者自らのために利用してはならないものとします。
    6. 事業者は、リクナビダイレクトの操作を第三者に委託する場合も本条項と同等の義務を当該第三者に負わせるものとします。但しそれにより事業者の責を免れるものではなく、事業者及び第三者は連帯して責任を負担します。

    第10条(個人情報および応募情報データの閲覧および利用)

    当社およびリクルートキャリアは、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、次の各号に定めるとおり、利用者の個人情報を閲覧および利用するものとし、事業者は、これを予め承諾するものとします。

    1. 事業者は、当社およびリクルートキャリアが、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、必要な範囲内で、事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあることを予め承諾するものとします。なお、この場合、当社およびリクルートキャリアを含む当社の委託先のうち、事業者を担当する関係者についても事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあるものとします。
    2. 前号に規定する閲覧および利用は、本契約の有効期間終了後も継続するものとします。
    3. 当社は、リクナビダイレクトの遂行にあたって取得した個人情報を、本規約の定めに従って保持します。
    4. 当社およびリクルートキャリアは、企業情報等、応募、訪問会予約、採用ステータスその他の事業者および会員によるリクナビダイレクトの利用記録およびリクナビダイレクトを運営するために当社またはリクルートキャリアが取得した個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(事業者および第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、事業者はこれを承諾します。

    第11条(保守作業等によるリクナビダイレクトの運営の一時的な停止)

    1. 当社は、次の各号に該当する場合には事業者への事前の通知や承諾なしに、リクナビダイレクトの一時的な運営の停止を行うことがあり、事業者は、これを予め承諾します。
      1. (1)リクナビダイレクトにかかるサーバの保守またはリクナビダイレクトの仕様の変更もしくはシステムの瑕疵の修補等を行う場合
      2. (2)天災地変その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、または法令等の改正・成立によりリクナビダイレクトの運営が困難または不可能になった場合
      3. (3)上記各号の他、当社がやむを得ない事由によりリクナビダイレクトの運営上一時的な停止が必要と判断した場合
    2. 前項に定めるリクナビダイレクトの一時的な運営の停止により、事業者が登録した会社情報等のリクナビダイレクト上への反映の遅れまたは会員からの各種プログラムへの応募・予約等に遅れが生じた場合でも、当社は 、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(インターフェイスの変更)

    1. 事業者は、当社がリクナビダイレクトを取り巻くシステム環境の変化、リクナビダイレクトのシステムにかかる瑕疵の修捕、リクナビダイレクト利用上の不都合または多数の事業者からの要請等により、事業者への事前の通知なくインターフェイスを変更する場合があることおよび当該変更の結果変更後のインターフェイスとリクナビダイレクトマニュアルまたはリクナビダイレクトマニュアル内の表示等が異なる事態が生じることを予め承諾します。

    第13条(利用料および支払)

    1. 事業者は、事業者が申し込んだサービスが利用可能な状態となった時点で、第3条に基づき事業者が提出した申込書に記載した金額をリクナビダイレクト利用料(以下「利用料」といいます。)として支払わなければならないものとし、事業者がその後サービス利用の期間を短縮する等、申込内容を変更した場合であっても、利用料は、減額されないものとします。
    2. 事業者が別途当社の定めるオプションサービス(以下「オプションサービス」といいます。)の利用を希望する場合は、別途当社が指定するオプションサービスの申込フォームに記載した金額をオプションサービス利用料(以下「オプションサービス利用料」といいます。)として支払い債務を負担します。
    3. 事業者は、サービス期間の途中において本契約が終了した場合(当社の責に帰すべき事由による場合を除く。)においても利用料およびオプションサービス利用料(以下総称して「利用料等」といいます。)の支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料等を当社に支払っている場合には、当社は事業者に対し理由の如何を問わず当該利用料等の返還義務を負わないものとします。
    4. 事業者は、当社発行の請求書を受領した場合、請求書に記載された支払期日までに当社の指定する金融機関の口座への振込等にて利用料等を支払うものとします。なお、支払にかかる手数料は、事業者の負担とします。

    第14条(規約の変更)

    1. 当社は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下「変更条件」といいます。)の適用開始日の2週間以上前から適用開始日まで、変更条件を事業者向け企業管理画面において掲載するものとします。
    2. 事業者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の掲載日より2週間以内に、書面にて当社に対して通知しなければなりません。
    3. 当社が前項の通知を受領した場合は、当該変更条件適用開始日の前日をもって本契約は終了するものとします。但し、第13条の規定にしたがい、事業者は利用料の全額について支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を支払っている場合には、当社は事業者に対し利用料の返還義務を負わないものとします。
    4. 前3項の規定により本契約が終了する場合を除き、本規約は、適用開始日に、当該変更条件どおりに当然に変更されるものとします。

    第15条(当社の機密保持義務)

    1. 当社は、事業者のリクナビダイレクトの利用により、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたって当社に提供した情報(企業管理画面に登録した会社情報等、取引基準に関連する審査をするために事業者から提供を受けた情報を含みます。)を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、当該事業者の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、当社またはリクルートキャリアは、会社情報等および次項に規定する事業者の個人情報をもとに当該事業者の個社および会員の個人を特定できない形式による統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。
    2. 当社は、事業者から管理を委託された個人情報(以下「事業者の個人情報」といいます。)を機密として保持し、事業者の事前の書面による承諾なく、事業者の個人情報の複写、破壊、改竄、第三者への開示および漏洩、情報開示目的以外での利用を行いません。
    3. 当社は、事業者の個人情報、会社情報等を企業管理画面にて事業者が確認できるよう適正に管理します。なお、事業者の個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。保管期間が経過した事業者の個人情報は速やかに消去します。
    4. 当社は、事業者の個人情報の取扱いに関する管理責任者を選定し、業務遂行上事業者の個人情報を取り扱うことが必要な従業者(当社との雇用関係の有無を問いません。)のみ事業者の個人情報を取扱わせるものとします。
    5. 当社は、業務上必要な範囲内でのみ第三者に事業者の個人情報を取り扱う業務の全部または一部を委託することができるものとします(リクルートキャリアを含み、以下、かかる第三者を「委託先」といいます。)。但し、その場合、当社は、本条における当社の義務と同等の義務を委託先にも負わせるものとします。
    6. 当社は、事業者から事業者の個人情報の管理体制についての報告を求められた場合、第三者の個人情報の秘匿性を害することがない方法及び内容で、事業者に対して当該報告を行うものとします。
    7. 当社は、国その他の公権力により適法に事業者の個人情報の開示を命令された場合、当該公権力に対し事業者の個人情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令を受けた場合、当社は、可能な限り事業者の個人情報の機密性の保持に努めます。

    第16条(当社の免責)

    1. 事業者は、自己の責任によりリクナビダイレクトを利用するものとし、当社は、本契約もしくはその履行およびリクナビダイレクトの利用に関して事業者につき生じた損害について、当社の故意または重大な過失による損害であることが明白な場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、かかる責任は、直接かつ通常の損害の範囲に限られ、かつ事業者の本契約に基づく支払済みの対価相当額を上限とします。
    2. 当社は、前項にかかわらず、第15条の義務に違反し、事業者の個人情報の帰属主体(以下「本人」といいます。)に損害を与えた場合には、本人に対する責任を負うものとし、事業者が本人からの請求に応じて損害賠償をした場合、その賠償金相当額を事業者に対して支払うものとします。但し、事業者が本人から損害賠償の請求を受けた後直ちに当社に対してその旨通知し、当社に対して紛争解決にあたる機会を与えなかった場合はこの限りではありません。
    3. 当社は、天災地変その他不可抗力(当社の責めに帰すべき事由によらない回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みます。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。
    4. 当社は、業務上通常要求される程度の合理的な措置を当社が講じていたにも関わらず、事業者又は第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(①ウイルスによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、③プロバイダのダウン、④事業者の操作ミスによるデータの流出・損壊、各種プログラムの募集機会の損失及び誤った情報の掲載並びに⑤システム環境の変化による障害、リクナビダイレクトにかかるシステムの瑕疵などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。
    5. 事業者は、企業管理画面の利用に当たって電子ファイルを添付する場合には、自己の責任においてウィルスチェック等を行うものとし、事業者の添付ファイルによって第三者に損害が発生した場合には、事業者は自己の費用と責任をもって当該第三者への対応に当たるものとします。
    6. 当社は、事業者に対し、会員の登録内容の真実性、最新性、確実性および当該情報が第三者の権利を侵害していないこと、会員の各種プログラムの応募の確実性、事業者に応募する会員の資質・能力および事業者への適合性等、リクナビダイレクトの効果および事業者がリクナビダイレクトおよび各種プログラムを通じて募集した会員に関する何らの保証も行わないものとします。

    第17条(権利義務譲渡の禁止)

    1. 事業者は、本契約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

    第18条(事業者の順守事項)

    1. セキュリティ保持の必要性に鑑み、事業者の自動巡回プログラム等によりリクナビダイレクトに関するシステムの全部又は一部に過負荷をもたらすおそれのある行為または当社の事前の書面による承諾なく、各種イベントの告知・応募管理等の目的を超えたアクセス(セキュリィティー診断、検査その他アクセスの目的および方法を問いません。)は一切禁止します。万一事業者が当該行為を行った場合、当社はこれに対し事前予告なくして遮断措置等技術上の措置を講じることができるものとし、これにより事業者に損失が生じた場合でも当社は何ら責任を負わないものとします。
    2. 事業者はリクナビダイレクトを利用するにあたり、次の各号を遵守することとします。
      1. 関係諸法規に違反しないこと
      2. 非合法な業態をとらないこと、または非合法な商品、役務の提供を行わないこと
      3. プライバシー、知的財産権など他者の権利を侵害する行為を行わないこと
      4. 国籍、人種、思想、信条、身体条件、家庭環境、出身地、居住地、性別、年齢制限など差別の肯定・助長する行為および会員に対する扱いを行わないこと(「ポジティブアクション」等男女雇用機会均等法に違反しない性別制限、雇用対策法に基づく年齢制限の場合は除きます。)
      5. 公序良俗に反する業態をとらないこと、または公序良俗に反する商品、役務の提供を行わないこと
      6. 性風俗特殊営業、電話異性紹介営業、性風俗特殊営業などの成人向けの商品、役務の提供を行わないこと
      7. パチンコ、競馬、競輪、競艇、オートレース等、ギャンブル性の高い情報の予想ソフト、攻略情報の提供を行わないこと
      8. 特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する広告・宣伝を行わないこと
      9. 意見広告・宗教広告等、思想信条に関する広告・宣伝を行わないこと
      10. 事業者および事業者の役員・従業員、株主その他実質的に事業者の全部または一部を支配する者が反社会的勢力でなく、かつ、反社会的勢力が経営に関与していないこと
      11. 掲載基準等当社の定めるルールに反する情報の提供その他利用を行わないこと
    3. 事業者はリクナビダイレクトを経由して事業者に応募のあった会員を、第三者(事業者のグループ会社を含みますがこれに限られません。)との雇用契約(正社員、契約社員、アルバイト、派遣従業員および業務委託等契約形態を問いません。)の会員として紹介、斡旋等はできないこととします。

    第19条(反社会的勢力の排除)

    1. 事業者および当社は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
      1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
      4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
      5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    2. 事業者および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      5. その他前各号に準ずる行為

    第20条(解除)

    1. 当社または事業者は、相手方が次の各号の一に該当するときには、相手方に対し通知を行うことにより、即時に本契約を解除またはリクナビダイレクトの一定期間の利用を停止することができます。
      1. 本規約の規定に違反したとき
      2. 相手方の信用を傷つけたとき
      3. 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
      4. 手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
      5. 事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
      6. 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
      7. 信用に不安が生じたとき
      8. 事業を廃止したとき、または清算にはいったとき
      9. 事業者が法令違反その他社会的合意に反する行為等を行ったことにより当社がリクナビダイレクトに会社情報等を掲載することが望ましくないと判断したとき
      10. その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき
    2. 当社は、前項各号に定める事項の他、第三者からの苦情または事業者に起因するトラブル等から、事業者によるリクナビダイレクトの利用が、当社またはリクナビダイレクトの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した場合には、事業者に対し通知することにより、本契約を即時に解除することができるものとします。
    3. 事業者は、前2項の規定により本契約を解除された場合には、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する一切の債務を弁済するものとします。

    第21条(合意管轄)

    1. 本規約及び本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    第22条(存続条項)

    1. 本契約終了後も、第9条、第15条、第17条、第18条、第19条、第21条および本条は有効に存続するものとします。

    第23条(協議解決)

    1. 本規約および運用ルール等の解釈に疑義が生じた場合、または本規約および運用ルール等に規定されていない事項については、当社と事業者は、協議の上円満に解決するものとします。

    (附則)
    平成29年9月1日作成・適用
    平成30年4月1日改訂・適用

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版 成功報酬プラン 利用規約

    第1条(規約の適用)

    1. リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版 成功報酬プラン利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社リクル-ト(以下、「当社」といいます。)と「リクナビダイレクト」(次条の定義に従います。)の「成功報酬プラン」(次条の定義に従います。)のサービス利用にかかる契約(以下、「本契約」といいます。)を締結した事業者(以下「事業者」といいます。)に対して適用されるものとします。
    2. 当社は、本規約に基づき事業者に成功報酬プランにかかるサービスを提供するものとし、事業者は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。

    第2条(基本用語の定義)

    1. 本規約において使用する基本用語の定義は、次のとおりとします。
      1. リクナビダイレクト:当社が提供する、大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高等専門学校および各種学校(海外の大学等を含み以下、「大学等」といいます。)の新卒者(第(8)号に定めます。)または既卒者(第(9)号に定めます。)を対象とした、事業者の採用活動を支援するインターネットウェブサイトまたは当該サイトに含まれるサービスの総称をいいます。当社は、株式会社リクルートキャリア(以下「リクルートキャリア」といいます。」)に対してリクナビダイレクトの管理・運営を委託します。
      2. 成功報酬プラン:リクナビダイレクトおよびターゲットDM(第(6)号に定めます。)等のサービスから構成されるパッケージプランで、利用料の算定方法および支払方法について第9条に規定するところによるサービスをいいます。
      3. 企業管理画面(応募管理ツールおよび原稿管理システム):事業者の手元のパソコンからインターネット経由で当社のデータベースサーバにアクセスすることにより、原稿情報・プレエントリーおよび応募データ・予約の受付・個々の会員の採用状況について一元管理および検索を行うことが可能なリクナビダイレクト専用の応募管理支援および原稿管理システムとその会員インターフェースをいいます。
      4. リクナビダイレクトサポートデスク:リクナビダイレクトに付随して提供されるサービスで、事業者からのリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する問合わせの受付を行う組織をいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託します。
      5. リクナビダイレクトマニュアル:事業者がリクナビダイレクトを適切に利用するための操作方法・注意事項等リクナビダイレクト利用上の諸規則・運用ルールの総称または当該運用ルールを記載した文書(企業管理画面上で当社によりなされる告知を含みますがこれに限られません。)をいいます。
      6. ターゲットDM:事業者が選定する会員(第(7)号に定めます。)に対してメッセージを作成・送受信できるリクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版専用のサービスおよび管理システムをいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託できるものとします。
      7. 会員:リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版の会員登録を行った学生等(新卒者(第(8)号に定めます。)および既卒者(第(9)号に定めます。)をいいます。)
      8. 新卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第(10)号に定めます。)等を行う2018年4月1日から2019年3月31日までに卒業または卒業予定の学生をいいます。
      9. 既卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第(10)号に定めます。)等を行う大学等を2015年4月1日から2018年3月31日までに卒業した者をいいます。
      10. 応募:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者にエントリーすること、及び、訪問会に応募することをいいます。
      11. プレエントリー:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者と個別に連絡(事業者への質問や選考への参加などを含みますがこれらに限りません。)を取ることをいいます。
      12. 採用決定:リクナビダイレクトを経由して事業者に応募した会員に対して、事業者が採用の意思表示をすることをいいます。
      13. 内定承諾:事業者の採用決定後、会員の事業者への入社および勤務の初回出社日(第(14)号に定めます。)について、事業者および当該会員間で合意することをいいます。なお、当社は、当該会員の内定承諾の事実および初回出社日を、当社所定の方法で事業者に対して確認できるものとし、また並行して、当該会員からも、勤務承諾の事実およびそれに伴う初回出社日等を確認できるものとします。
      14. 初回出社日:事業者にリクナビダイレクトを経由して応募した会員が、事業者への内定承諾の際に合意した初めて出社する日または、実質的な勤務(研修、試用期間としてのアルバイト勤務等を含みますがこれらに限られません。)を開始する日のいずれか早い日を迎えることをいいます。なお、事業者と当該利用者の間の手続きの有無を要件としません。

    第3条(成功報酬プランの利用申込)

    1. 事業者は、成功報酬プランの利用にかかる申込を行う場合には、①成功報酬プランの仕組み、②成功報酬プランにより提供されるサービスの内容について、理解・承諾の上、別途当社が指定する方法により申し込むものとします。

    第4条(契約の成立)

    1. 前条の事業者による成功報酬プランの利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の参画規定または取引基準(労働災害補償保険を含む対象となる社会保険を完備していることを含みます。)に基づく審査により、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間に本契約が成立するものとします。ただし、事業者は、本規約の内容を理解しこれに同意した場合に限り、成功報酬プランを利用することができるものとします。なお、当社は、申込時に本規約への同意ボタンがクリックされたことまたはメール等により当社に対して申込書を送信したことをもって、事業者が本規約に同意したものとみなします。
    2. リクナビダイレクトの企業管理画面の利用期間には制限があります。また、企業管理画面の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載可能期間は、申込書または申込フォームに記載された期間とします。
    3. 契約期間中であっても、事業者が取引基準に照らして適格ではないと当社が合理的に判断する場合または事業者が参画規定に違反した場合には、掲載中の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載停止、掲載情報の削除、ID等の利用停止等、当社が必要だと判断する対応をします。

    第5条(成功報酬プランの利用)

    1. 事業者は、成功報酬プランを利用するにあたり、本規約に規定する事項および成功報酬プランに関する申込画面上の注意事項を遵守するものとします。なお、当社は、成功報酬プランに関する注意事項につき、自己の判断により事業者への通知をもって適宜変更することができるものとし、成功報酬プランに関する申込画面上の注意事項は、本規約の一部とします。
    2. 成功報酬プランのサービス提供期間は、掲載開始日から2019年3月31日までとします。ただし、サービス提供期間に応募またはプレエントリーを行った会員については、サービス提供終了後も、当該会員の選考が終了するまたは内定承諾に至るまでは本規約が適用されるものとします。
    3. 当社は、事業者が成功報酬プランを利用するにあたり、事業者に対し、予めリクナビダイレクトマニュアル、その他当社が必要と判断する成功報酬プランの機能・サービス内容の詳細・利用方法等についての資料をインターネット上閲覧可能な形式もしくは書面にて提供するものとします。
    4. 事業者は、当社に対し、職業安定法その他各種法令等(以下、あわせて「法令」といいます。)に抵触する可能性のある業務を委託することはできません。また、当社が事業者より実施の依頼を受けた業務につき、当社が法令に抵触する可能性があると判断した場合には、当社は当該業務の実施依頼を拒絶することができます。
    5. 当社は、本規約に規定する当社の義務と同等の義務を課した上で、成功報酬プランに係る業務の全部または一部の業務を、第三者へ委託できるものとします (以下、リクルートキャリアを含み、かかる第三者を「委託先」といいます。) 。
    6. 成功報酬プランの利用にあたり、事業者は、当社に対し、統一した連絡窓口を予め通知するものとします。また、事業者は、当該窓口に変更が生じる場合には、予め当社に通知するものとします。
    7. 事業者は、掲載開始後においては、成功報酬プランの解約を行うことはできないものとします。

    第6条(成功報酬プランへの会社情報および求人情報の反映等)

    1. 事業者は、事業者の会社情報および事業者の募集・採用情報、採用活動に係る活動(「各種プログラム」といいます。)、事業者が企画運営する訪問会日程等(以下あわせて「会社情報等」といいます。)を事業者の端末等から企業管理画面に直接登録し、当社の審査に合格した場合に、リクナビダイレクト上に掲載することができるものとします。この場合、事業者は、当社の定める掲載基準(以下「掲載基準」といいます。)を遵守の上、会社情報等を自己の責任と判断において適宜登録するものとします。 なお、本項に定める当社の審査、または事業者による会社情報等の掲載中に行う当社の審査において、会社情報等の一部の情報の掲載について当社が不適格と判断した場合、事業者に事前の通知なく、当社の裁量で、当該情報の掲載の留保、停止または事業者に対する修正依頼等必要な対応することができるものとします。
    2. 事業者が登録した会社情報等が掲載基準に反する場合または事実に反すると当社が判断した場合には、当社は、登録された会社情報等の掲載を留保し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合、事業者が当該会社情報等の掲載を希望する場合には、事業者は、掲載基準を満たした内容に修正の上、再度会社情報等の登録を行うものとし、当社は、掲載基準に適う内容であることを確認できた場合に掲載を行うものとします。なお、事業者が予め希望する日時までに掲載の処理を行えない場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。また、当社は、事業者が登録した会社情報等を掲載した場合であっても、会社情報等が法令に違反していないこと等、一切保証いたしません。
    3. 事業者は、本条に基づき掲載された会社情報等に変更が生じた場合には、直ちに掲載情報に当該変更内容を反映させるものとします。
    4. 掲載された会社情報等が掲載基準に反することまたは事実に反することが明らかになった場合には、当社は、掲載されている会社情報等の掲載を留保または中止し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合の当該会社情報等の掲載についても第2項と同様とします。
    5. 成功報酬プランに関する一切の著作権は、当社またはリクルートキャリアが有するものとします。ただし、事業者または事業者から委託を受けた第三者が作成した原稿については、この限りではなく、かかる著作物に関連して第三者との間にトラブルが生じた場合、事業者の責任において対応をするものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
    6. 事業者は、当社が、情報提供の多元化等を目的として、リクナビダイレクト以外のウェブサイトまたは各種メディアにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の転載を行うことがあり得ること、および第三者が当該第三者のウェブサイトにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の掲載を行うことがあり得ることについて、予め了承するものとします。
    7. 事業者は、プレエントリーを受けた場合、原則、当該プレエントリーを行った会員に対して何らかの連絡(プレエントリーに対する返信および質問等に対する回答を含みますが、これらに限りません。)を行うものとします。

    第7条(ターゲットDM)

    1. 事業者は、事業者が選定する会員のうち事業者からのメッセージを受信することを承諾した会員に対して、ターゲットDMを送付することができるものとします。
    2. 事業者は、会社情報等に変更が生じた場合には、その後の送付するターゲットDMの内容に当該変更内容を反映させるものとします。

    第8条(会員の進捗管理・確認・報告)

    1. 事業者は、成功報酬プランを通じて応募した会員について、採用決定・内定承諾・初回出社日等、会員のステータスに追加・変更があった場合その他別途当社の指示する進捗があった場合は、原則、当該採用ステータスの追加・変更が生じた日から当社の5営業日以内に当社が定める方法にて当社に報告するものとします。ただし、初回出社日の変更は、初回出社日の前日までに、当社が定める方法にて当社に報告するものとします。
    2. 事業者は、成功報酬プランを通じて応募した会員について、応募した職種について選考した結果、当該職種で採用しなかったものの、別の職種(業務内容およびアルバイト、契約社員等採用形態が異なる場合を含みますがこれらに限られません。)で雇用することになった場合も、その旨を当社に報告することとします。なお、会員が当初応募した職種で採用しなかった場合、または雇用契約以外の形態の契約(請負契約、準委任契約を含みますが、これらに限られません。)を締結するに至り、内定承諾するに至った場合といえども、事業者は成功報酬プランにかかる利用料(第9条に定めます。)を支払うものとします。

    第9条(利用料および支払い)

    1. 事業者は、成功報酬プランを通じて事業者に応募した会員について採用決定し、会員が内定承諾した時(成功報酬プランを通じて応募のあった募集職種以外の職種または採用形態で勤務することについて承諾した場合を含みます。)をもって、当社の定める金額を成功報酬プラン利用料(以下、「利用料」といいます。)として支払うものとします(当該利用料は、会員が事業者に応募した時点での利用料の金額が適用されるものとします。)。ただし、課金対象になる会員は、事業者の成功報酬プランの利用申込日から2019年3月31日までの間に成功報酬プランを通じて事業者に応募した者に限るものとします。なお、前記期間内に事業者に応募した者は、成功報酬プランを通じて事業者に応募した者とみなすものとします。
    2. 前項に基づき内定承諾した会員が初回出社日以前に事業者への入社を辞退した場合は、当社は、事業者から受領した利用料を事業者に返還するものとします。ただし、当社は、事業者が初回出社日当日までに当社に対して会員が入社を辞退した旨を当社が定める方法にて当社に通知した場合に限り、事業者に対し利用料を返還するものとします。当社は、事業者が会員の初回出社日翌日以降に会員が入社を辞退した旨当社に通知した場合、会員が事業者に入社後に退社した場合には、理由の如何を問わず、利用料の返還は行わないものとします。
    3. 成功報酬プランを通じて事業者に応募するより前、1年以内に、他の手段により応募していた会員は、利用料支払いの対象にならないものとします。ただし、当社が当該応募の事実を客観的資料等で確認できる場合に限ります。
    4. 成功報酬プランを通じて応募をした会員を事業者が不採用とした場合であっても、当該会員を応募日より1年以内に採用し、当該会員が内定承諾したときは、かかる事実が判明した時点をもって、当社は当該会員が第1項に定める内定承諾をしたとみなし、事業者に利用料が発生するものとします。
    5. サービス期間の途中において事業者の責により本契約が解除された場合(当社の責に帰すべき事由による場合を除きます。)においても利用料の支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を当社に支払っている場合には、当社は事業者に対し当該利用料の返還義務を負わないものとします。
    6. 事業者は、当社発行の請求書を受領した場合、請求書に記載された支払期日までに当社の指定する金融機関の口座への振込等にて利用料を支払うものとします。なお、支払にかかる手数料は、事業者の負担とします。

    第10条(リクナビダイレクトサポートデスクによるサービス)

    1. 当社は、リクナビダイレクトサポートデスクにおいて、事業者のために事業者のリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する電話、ファックスおよびe-mailによる問合せの受付を行うものとします。リクナビダイレクトサポートデスクの受付時間は、当社が別途定めるところに従います。なお、リクナビダイレクトサポートデスクは、事業者からの問い合わせに対応するにあたり、事業者の原稿内容や設定状況等を確認したり、問合わせ内容の正確な把握および今後のサービス向上等のために音声を録音することがあります。事業者はこれを承諾した上でリクナビダイレクトサポートセンターを利用するものとします。
    2. リクナビダイレクトサポートデスクは 、事業者からの問い合わせに対応するにあたり必要となる範囲で、事業者の原稿・メール内容、学生等の事業者に対する応募・プレエントリーを含む選考の進捗状況、事業者と学生等の間でやり取りされたメッセージの存否・その内容、および事業者の各種設定状況等を確認することがあります。

    第11条(成功報酬プラン、応募情報および機密情報の目的外利用の禁止)

    1. 事業者は、成功報酬プランにより提供されるサービス、会員が事業者に提供した応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報(以下、応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報をあわせて「応募情報」といいます。)を各種プログラムの実施目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であると否とを問いません。)に一切使用しないものとします。
    2. 事業者は、応募情報を機密として厳重かつ適正に取扱うものとし、会員の本人の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
    3. 事業者による応募情報の使用および管理に関し、会員その他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかるクレームや訴訟に対して、事業者は一切の責任と費用でこれを解決するものとし、当社が一切の責任を負わないことに同意するものとします。
    4. 事業者は、成功報酬プランの利用を通じて知りうる当社の一般に公開していない情報(成功報酬プランに関する情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース等を含む))の一切を第三者へ開示・漏洩もしくは事業者自らのために利用してはならないものとします。
    5. 事業者は、成功報酬プランによるサービスの操作を第三者に委託する場合も本条項と同等の義務を当該第三者に負わせるものとします。但しそれにより事業者の責を免れるものではなく、事業者及び第三者は連帯して責任を負担します。

    第12条(個人情報および応募者データの閲覧および利用)

    1. 当社およびリクルートキャリアは、成功報酬プランを事業者に提供するにあたり、次の各号に定めるとおり、利用者の個人情報を閲覧および利用するものとし、事業者は、これを予め承諾するものとします。
      1. 事業者は、当社およびリクルートキャリアが、成功報酬プランを事業者に提供するにあたり、必要な範囲内で、事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあることを予め承諾するものとします。なお、この場合、当社およびリクルートキャリアを含む当社の委託先のうち、事業者を担当する関係者についても事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあるものとします。
      2. 前号に規定する閲覧および利用は、本契約の有効期間終了後も継続するものとします。
      3. 当社は、成功報酬プランの遂行にあたって取得した個人情報を、本規約の定めに従って保持します。
      4. 当社およびリクルートキャリアは、企業情報等、応募、訪問会予約、採用ステータスその他の事業者および会員による成功報酬プランの利用記録および成功報酬プランを運営するために当社またはリクルートキャリアが取得した個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(事業者および第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、事業者はこれを承諾します。

    第13条(保守作業等によるリクナビダイレクトの運営の一時的な停止)

    1. 当社は、次の各号に該当する場合には事業者への事前の通知や承諾なしに、成功報酬プランの一時的な運営の停止を行うことがあり、事業者は、これを予め承諾します。
      1. 成功報酬プランにかかるサーバの保守またはリクナビダイレクトの仕様の変更もしくはシステムの瑕疵の修補等を行う場合
      2. 天災地変その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、または法令等の改正・成立により成功報酬プランの運営が困難または不可能になった場合
      3. 上記各号の他、当社がやむを得ない事由により成功報酬プランの運営上一時的な停止が必要と判断した場合
    2. 前項に定める成功報酬プランの一時的な運営の停止により、事業者が登録した会社情報等のリクナビダイレクト上への反映の遅れまたは会員からの各種プログラムへの応募・予約等に遅れが生じた場合でも、当社は、何らの責任も負わないものとします。

    第14条(インターフェイスの変更)

    1. 事業者は、当社がリクナビダイレクトを取り巻くシステム環境の変化、成功報酬プランのシステムにかかる瑕疵の修捕、成功報酬プラン利用上の不都合または多数の事業者からの要請等により、事業者への事前の通知なくインターフェースを変更する場合があることおよび当該変更の結果変更後のインターフェースとリクナビダイレクトマニュアルまたはリクナビダイレクトマニュアル内の表示等が異なる事態が生じることを予め承諾します。

    第15条(ペナルティー)

    1. 事業者が、成功報酬プランを通じて知り得た会員が事業者に出社することが決定したにもかかわらず、当社の事前の承諾を得ず(報告内容が虚偽または報告しない場合も承諾を得ていないものとみなします。)に前条に定める利用料の支払いをのがれた場合、第9条および第18条3項に違反した場合、当社は、事業者に対して、当社に発生した損害の賠償請求をすることができるものとします。また、この場合、当該損害の賠償に加えて、事業者は、ペナルティーとして、当社に対し当該行為がなければ支払われていたと推定される金額の3倍相当額を支払うものとします。なお、本項は、事業者による当該行為によって、本契約を解除または成功報酬プランの一定期間の利用を停止すること、その他当社の提供するサービスの全部または一部の利用を終了することを妨げるものではありません。
    2. 事業者が、前項に定める行為のうち複数に該当する行為を行った場合、当社は、事業者に対して該当する行為すべてにかかるペナルティーを請求できるものとします。

    第16条(規約の変更)

    1. 当社は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下、「変更条件」といいます。)の適用開始日の2週間以上前から適用開始日まで、変更条件を事業者向け企業管理画面において掲載するものとします。
    2. 事業者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の掲載日より2週間以内に、書面にて当社に対して通知しなければなりません。
    3. 当社が前項の通知を受領した場合は、当該変更条件適用開始日の前日をもって本契約は終了するものとします。ただし、第9条の規定に従い、事業者は利用料の全額について支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を支払っている場合には、当社は事業者に対し利用料の返還義務を負わないものとします。
    4. 前各項の規定により本契約が終了する場合を除き、本規約は、適用開始日に、当該変更条件どおりに当然に変更されるものとします。

    第17条(事業者の遵守事項)

    1. 事業者は、募集条件、企業情報の他、ターゲットDMにおいて会員に送信するメールの内容に誤りまたは変更がある場合、速やかに当社に通知するものとします。
    2. 事業者は成功報酬プランを経由して事業者に応募のあった会員を、第三者(事業者のグループ会社を含みますがこれに限られません。)との雇用契約(正社員、契約社員、アルバイト、派遣従業員および業務委託等契約形態を問いません。)の会員として紹介、斡旋等をすることはできないこととします。
    3. 事業者は、利用料の支払いを免れることを目的として、第8条に定める当社に対する義務を懈怠または虚偽事実を当社に報告することはできません。
    4. セキュリティ保持の必要性に鑑み、事業者の自動巡回プログラム等によりリクナビダイレクトに関するシステムの全部又は一部に過負荷をもたらすおそれのある行為または当社の事前の書面による承諾なく、各種イベントの告知・応募管理等の目的を超えたアクセス(セキュリィティー診断、検査その他アクセスの目的および方法を問いません。)は一切禁止します。万一事業者が当該行為を行った場合、当社はこれに対し事前予告なくして遮断措置等技術上の措置を講じることができるものとし、これにより事業者に損失が生じた場合でも当社は何ら責任を負わないものとします。
    5. 事業者は成功報酬プランを利用するにあたり、次の各号を遵守することとします。
      1. 関係諸法規に違反しないこと
      2. 非合法な業態をとらないこと、または非合法な商品、役務の提供を行わないこと
      3. プライバシー、知的財産権など他者の権利を侵害する行為を行わないこと
      4. 国籍、人種、思想、信条、身体条件、家庭環境、出身地、居住地、性別、年齢制限など差別の肯定・助長する行為および会員に対する扱いを行わないこと(「ポジティブアクション」等男女雇用機会均等法に違反しない性別制限、雇用対策法に基づく年齢制限の場合は除きます。)
      5. 公序良俗に反する業態をとらないこと、または公序良俗に反する商品、役務の提供を行わないこと
      6. 性風俗特殊営業、電話異性紹介営業、性風俗特殊営業などの成人向けの商品、役務の提供を行わないこと
      7. パチンコ、競馬、競輪、競艇、オートレース等、ギャンブル性の高い情報の予想ソフト、攻略情報の提供を行わないこと
      8. 特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する広告・宣伝を行わないこと
      9. 意見広告・宗教広告等、思想信条に関する広告・宣伝を行わないこと
      10. 事業者および事業者の役員・従業員、株主その他実質的に事業者の全部または一部を支配する者が反社会的勢力でなく、かつ、反社会的勢力が経営に関与していないこと
      11. 掲載基準等当社の定めるルールに反する情報の提供その他利用を行わないこと

    第18条(当社の機密保持義務)

    1. 当社は、事業者の成功報酬プランの利用により、事業者が成功報酬プランを利用するにあたって当社に提供した情報(企業管理画面に登録した会社情報等、取引基準に関連する審査をするために事業者から提供を受けた情報を含みます。)を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、当該事業者の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、当社またはリクルートキャリアは、会社情報等および次項に規定する事業者の個人情報をもとに当該事業者の個社および会員の個人を特定できない形式による統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。
    2. 当社は、事業者から管理を委託された個人情報(以下「事業者の個人情報 」といいます。)を機密として保持し、事業者の事前の書面による承諾なく、事業者の個人情報の複写、破壊、改竄、第三者への開示および漏洩、情報開示目的以外での利用を行いません。
    3. 当社は、事業者の個人情報、会社情報等を企業管理画面にて事業者が確認できるよう適正に管理します。なお、事業者の個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。保管期間が経過した事業者の個人情報は速やかに消去します。
    4. 当社は、事業者の個人情報の取扱いに関する管理責任者を選定し、業務遂行上事業者の個人情報を取り扱うことが必要な従業者(当社との雇用関係の有無を問いません。)のみ事業者の個人情報を取扱わせるものとします。
    5. 当社は、業務上必要な範囲内でのみ第三者に事業者の個人情報を取り扱う業務の全部または一部を委託することができるものとします(リクルートキャリアを含み、以下、かかる第三者を「委託先」といいます。)。但し、その場合、当社は、本条における当社の義務と同等の義務を委託先にも負わせるものとします。
    6. 当社は、事業者から事業者の個人情報の管理体制についての報告を求められた場合、第三者の個人情報の秘匿性を害することがない方法及び内容で、事業者に対して当該報告を行うものとします。
    7. 当社は、国その他の公権力により適法に事業者の個人情報の開示を命令された場合、当該公権力に対し事業者の個人情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令を受けた場合、当社は、可能な限り事業者の個人情報の機密性の保持に努めます。

    第19条(当社の免責)

    1. 事業者は、自己の責任により成功報酬プランを利用するものとし、当社は、本契約もしくはその履行および成功報酬プランの利用に関して事業者につき生じた損害について、当社の故意または重大な過失による損害であることが明白な場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、かかる責任は、直接かつ通常の損害の範囲に限られ、かつ事業者の本契約に基づく支払済みの対価相当額を上限とします。
    2. 当社は、前項にかかわらず、第12条の義務に違反し、事業者の個人情報の帰属主体(以下「本人」といいます。)に損害を与えた場合には、本人に対する責任を負うものとし、事業者が本人からの請求に応じて損害賠償をした場合、その賠償金相当額を事業者に対して支払うものとします。但し、事業者が本人から損害賠償の請求を受けた後直ちに当社に対してその旨通知し、当社に対して紛争解決にあたる機会を与えなかった場合はこの限りではありません。
    3. 当社は、天災地変その他不可抗力(当社の責めに帰すべき事由によらない回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みます。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。
    4. 当社は、業務上通常要求される程度の合理的な措置を当社が講じていたにも関わらず、事業者又は第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(①ウイルスによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、③プロバイダのダウン、④事業者の操作ミスによるデータの流出・損壊、各種プログラムの募集機会の損失及び誤った情報の掲載並びに⑤システム環境の変化による障害、リクナビダイレクトにかかるシステムの瑕疵などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。
    5. 事業者は、企業管理画面の利用に当たって電子ファイルを添付する場合には、自己の責任においてウィルスチェック等を行うものとし、事業者の添付ファイルによって第三者に損害が発生した場合には、事業者は自己の費用と責任をもって当該第三者への対応に当たるものとします。
    6. 当社は、事業者に対し、会員の登録内容の真実性、最新性、確実性および当該情報が第三者の権利を侵害していないこと、会員の各種プログラムの応募の確実性、事業者に応募する会員の資質・能力および事業者への適合性等、成功報酬プランの効果および事業者が成功報酬プランおよび各種プログラムを通じて募集した会員に関する何らの保証も行わないものとします。

    第20条(権利義務譲渡の禁止)

    1. 事業者は、本契約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

    第21条(反社会的勢力の排除)

    1. 事業者および当社は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
      1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
      4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
      5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    2. 事業者および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      5. その他前各号に準ずる行為

    第22条(解除)

    1. 当社または事業者は、相手方が次の各号の一に該当するときには、相手方に対し通知を行うことにより、即時に本契約を解除またはリクナビダイレクトの一定期間の利用を停止することができます。
      1. 本規約の規定に違反したとき
      2. 相手方の信用を傷つけたとき
      3. 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
      4. 手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
      5. 事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
      6. 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
      7. 信用に不安が生じたとき
      8. 事業を廃止したとき、または清算にはいったとき
      9. 事業者が法令違反その他社会的合意に反する行為等を行ったことにより当社がリクナビダイレクトに会社情報等を掲載することが望ましくないと判断したとき
      10. その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき
    2. 当社は、前項各号に定める事項の他、第三者からの苦情または事業者に起因するトラブル等から、事業者による成功報酬プランの利用が、当社または成功報酬プランの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した場合には、事業者に対し通知することにより、本契約を即時に解除することができるものとします。
    3. 事業者は、前2項の規定により本契約を解除された場合には、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する一切の債務を弁済するものとします。

    第23条(合意管轄)

    1. 本規約及び本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    第24条(存続条項)

    1. 本契約終了後も、第9条、第11条、第17条、第18条、第20条、第21条、第23条および本条は有効に存続するものとします。

    第25条(協議解決)

    1. 本規約および運用ルール等の解釈に疑義が生じた場合、または本規約および運用ルール等に規定されていない事項については、当社と事業者は、協議の上円満に解決するものとします。

    (附則)
    平成30年05月31日作成・適用

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版 利用規約

    第1条(規約の適用)

    1. リクナビダイレクト利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社リクル-ト(以下「当社」といいます。)と「リクナビダイレクト」(次条の定義に従います。)の利用にかかる契約(以下「本契約」といいます。 )を締結した事業者(以下「事業者」といいます。)に対して適用されるものとします。
    2. 当社は、本規約に基づき事業者にリクナビダイレクトにかかるサービスを提供するものとし、事業者は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。

    第2条(基本用語の定義)

    本規約において使用する基本用語の定義は、次の各号とおりとします。

    1. リクナビダイレクト:当社が提供する、大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高等専門学校および各種学校(海外の大学等を含み以下、「大学等」といいます。) の新卒者(第5号に定めます。)または既卒者(第6号に定めます。なお、新卒者および既卒者を合わせて「会員」といいます。)を対象とした、事業者の採用活動を支援するインターネットウェブサイトまたは当該サイトに含まれるサービスの総称をいいます。当社は、株式会社リクルートキャリア(以下「リクルートキャリア」といいます。」)に対してリクナビダイレクトの管理・運営を委託します。
    2. 企業管理画面(応募管理ツールおよび原稿管理システム):原稿情報・プレエントリーおよび応募データ・予約の受付・個々の会員の採用状況について一元管理および検索を、事業者の手元のパソコンからインターネット経由で当社のデータベースサーバにアクセスすることにより、行うことが可能なリクナビダイレクト専用の応募管理支援および原稿管理システムとそのユーザーインターフェースをいいます。
    3. リクナビダイレクトサポートデスク:リクナビダイレクトに付随して提供されるサービスで、事業者からのリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する問合わせの受付を行う組織をいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託します。
    4. リクナビダイレクトマニュアル:当社が事業者に提供する事業者がリクナビダイレクトを適切に利用するための操作方法・注意事項等リクナビダイレクト利用上の諸規則・運用ルールの総称または当該運用ルールを記載した文書(企業管理画面上で当社によりなされる告知を含みますがこれに限られません。)をいいます。
    5. 新卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う2018年4月1日から2019年3月31日までに卒業または卒業予定の学生をいいます。
    6. 既卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う大学等を2015年4月1日から2018年3月31日までに卒業した者をいいます。
    7. 応募:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者との訪問会に応募をすることをいいます。
    8. プレエントリー:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者と個別に連絡(事業者への質問や選考への参加などを含みますがこれらに限りません。)を取ることをいいます。

    第3条(リクナビダイレクトの利用申込)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトの利用にかかる申込を行う場合には、リクナビダイレクトが会員を従業員として採用したい会社を対象としたサービスであること、リクナビダイレクトの仕組みおよびリクナビダイレクトにより提供されるサービスの内容を理解・承諾の上、別途当社が指定する方法により申し込むものとします。

    第4条(契約の成立)

    1. 前条の事業者によるリクナビダイレクトの利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の取引基準(就業規則・給与規定等の社内規定が整備されていること、社会保険を完備していることを含みます。)に基づく審査により、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間に本契約が成立するものとします。ただし、事業者は、本規約の内容を理解しこれに同意した場合に限り、リクナビダイレクトを利用することができるものとします。なお、申込時に本規約への同意ボタンがクリックされたことまたはFAX等により当社に対して申込書を送信したことをもって、事業者が本規約に同意したものとみなします。
    2. リクナビダイレクトの企業管理画面の利用期間には制限があります。また、企業管理画面の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載可能期間は、申込書または申込フォームに記載された期間とします。
    3. 契約期間中であっても、事業者が取引基準に照らして適格ではないと当社が合理的に判断する場合には、掲載中の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載停止、掲載情報の削除、ID等(第6条第1項に定めます。)の利用停止等、当社が必要だと判断する対応をします。

    第5条(リクナビダイレクトの利用)

    1. リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版のサービス提供期間は、2018年3月1日から2019年3月31日までとします。ただし、サービス提供期間に応募またはプレエントリーをおこなった会員については、サービス提供期間終了後も、当該会員の応募またはプレエントリーが完了するまたは終了するまで本規約が適用されるものとします。
    2. リクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版の申込み時点において、次年度以降のリクナビダイレクト(ただし、有料オプションは除きます。)の利用を事業者が希望する場合で、当社が次年度以降にリクナビダイレクトにおいてリクナビダイレクト2019・リクナビダイレクト既卒版と同等のサービスを提供し、当社の認めるときには、当社は、事業者が同サービスの利用規約に同意した上で同サービスに申し込んだものとみなし、翌年度以降も同様とします。ただし、第4条第1項に定める通り、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間にリクナビダイレクト利用にかかる契約が成立するものとし、当社は当社の裁量により事業者の申込みを承諾しないことができるものとします。
    3. 事業者は、リクナビダイレクトを利用するにあたり、本規約に規定する事項、リクナビダイレクトマニュアルおよび当社が定める本サービス利用上の諸規則・運用ルール(ガイドライン、諸規則、注意事項等名称を問いません。)を遵守するものとします。なお、当社は、リクナビダイレクトマニュアルにつき、自己の判断により事業者への通知をもって適宜変更することができるものとし、リクナビダイレクトマニュアルおよび本サービス利用上の諸規則・運用ルールは本規約の一部とします。
    4. 当社は、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたり、事業者に対し、予めリクナビダイレクトマニュアル、その他当社が必要と判断するリクナビダイレクトの機能・サービス内容の詳細・利用方法等についての資料をインターネット上閲覧可能な形式もしくは書面にて提供するものとします。
    5. 事業者は、当社に対し、職業安定法その他各種法令等(以下あわせて「法令」といいます。)に抵触する可能性のある業務を委託することはできません。また、当社が事業者より実施の依頼を受けた業務につき、当社が法令に抵触する可能性があると判断した場合には、当社は当該業務の実施依頼を拒絶することができます。
    6. 当社は、本規約に規定する当社の義務と同等の義務を課した上で、リクナビダイレクトに係る業務の全部または一部の業務を、第三者へ委託できるものとします (以下、かかる第三者を「委託先」といいます。) 。
    7. リクナビダイレクトの利用にあたり、事業者は、当社に対し、統一した連絡窓口を予め通知するものとします。また、事業者は、当該窓口に変更が生じる場合には、予め当社に通知するものとします。

    第6条(リクナビダイレクト利用企業ID・パスワード)

    1. 当社は、本契約が成立した場合には、事業者に対し、リクナビダイレクトの利用にかかるIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます。)を発行するものとします。
    2. 第三者にID等を譲渡してはならないものとします。但し、事業者が事務処理の必要性からID等を業務委託先に使用させる場合には、事業者の一切の責任においてこれを行うものとし、それにかかる事故等に関し、当社は何らの責任も負わないものとします。
    3. 当社または事業者の都合によりID等を再発行する場合には、当社は、情報セキュリティの観点から事業者にかかる認証を行うことができるものとします。なお、事業者は、ID等の再発行にかかる事務処理は一定の時間を要し、当社が即時の再発行には応じられないことを予め承諾します。

    第7条(リクナビダイレクトへの会社情報および各種プログラム募集情報の掲載)

    1. 事業者は、事業者の会社情報および事業者の募集・採用情報、採用活動に係る活動(「会社情報等」といいます。)、事業者が企画運営する訪問会日程等(以下あわせて「各種プログラム」といいます。)を事業者の端末等から企業管理画面に直接登録し、当社の審査に合格した場合に、リクナビダイレクト上に掲載することができるものとします。この場合、事業者は、当社の定める掲載基準(以下「掲載基準」といいます。)を遵守の上、会社情報等を自己の責任と判断において適宜登録するものとします。 なお、本項に定める当社の審査、または事業者による会社情報等の掲載中に行う当社の審査において、会社情報等の一部の情報の掲載について当社が不適格と判断した場合、事業者に事前の通知なく、当社の裁量で、当該情報の掲載の留保、停止または事業者に対する修正依頼等必要な対応することができるものとします。
    2. 事業者が登録した会社情報等が掲載基準に反する場合または事実に反すると当社が判断した場合には、当社は、登録された会社情報等の掲載を留保し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合、事業者が当該会社情報等の掲載を希望する場合には、事業者は、掲載基準を満たした内容に修正の上、再度会社情報等の登録を行うものとし、当社は、掲載基準に適う内容であることを確認できた場合に掲載を行うものとします。なお、事業者が予め希望する日時までに掲載の処理を行えない場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。また、当社は、事業者が登録した会社情報等を掲載した場合であっても、会社情報等が法令に違反していないこと等、一切保証いたしません。
    3. 事業者は、本条に基づき掲載された会社情報等に変更が生じた場合には、直ちに掲載情報に当該変更内容を反映させるものとします。
    4. 掲載された会社情報等が掲載基準に反することまたは事実に反することが明らかになった場合には、当社は、掲載されている会社情報等の掲載を留保または中止し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合の当該会社情報等の掲載についても第2項と同様とします。
    5. リクナビダイレクトに関する一切の著作権は、当社またはリクルートキャリアが有するものとします。ただし、事業者または事業者から委託を受けた第三者が作成した原稿、写真等については、この限りではなく、事業者は、リクナビダイレクトへの掲載等事業者の採用活動を支援する目的で当社が利用すること、当該利用にあたり当社が当該著作物を自由に複製・改変・削除等を行うことを予め承諾するものとし、著作者人格権を有する場合でも、行使しないものとします。事業者は、かかる著作物に含まれる権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません。)を有する第三者から、予めリクナビダイレクトでの利用にかかる許諾を得るとともに、当該利用に必要な権利処理の一切を行うものとします。なお、かかる著作物に関連して第三者からクレーム、請求等がなされた場合、事業者の責任において対応をするものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
    6. 事業者は、当社が、情報提供の多元化等を目的として、リクナビダイレクト以外のウェブサイトまたは各種メディアにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の転載を行うことがあり得ること、および第三者が当該第三者のウェブサイトにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の掲載を行うことがあり得ることについて、予め了承するものとします。
    7. 事業者は、プレエントリーを受けた場合、原則、当該プレエントリーを行った会員に対して何らかの連絡(プレエントリーに対する返信および質問等に対する回答を含みますが、これらに限りません。)を行うものとします。

    第8条(リクナビダイレクトサポートデスクによるサービス)

    1. 当社は、リクナビダイレクトサポートデスクにおいて、事業者のために事業者のリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに
    2. リクナビダイレクトサポートデスクは、事業者からの問い合わせに対応するにあたり必要となる範囲で、事業者の原稿・メール内容、学生等の事業者に対する応募・プレエントリーを含む選考の進捗状況、事業者と学生等の間でやり取りされたメッセージの存否・その内容、および事業者の各種設定状況等を確認することがあります。

    第9条(リクナビダイレクト、応募情報および機密情報の目的外利用の禁止)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトにより提供されるサービス、会員が事業者に提供した応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報(以下、応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報をあわせて「応募情報」といいます。)を各種プログラムの実施目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であると否とを問いません。)に一切使用しないものとします。
    2. 事業者は、応募を受けた場合、応募のあった募集職種について、事業者で設定した日時で、会員と訪問会を開催することとします。
    3. 事業者は、応募情報を機密として厳重かつ適正に取扱うものとし、会員の本人の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
    4. 事業者による応募情報の使用および管理に関し、会員その他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかるクレームや訴訟に対して、事業者は一切の責任と費用でこれを解決するものとし、当社が一切の責任を負わないことに同意するものとします。
    5. 事業者は、リクナビダイレクトの利用を通じて知りうる当社の一般に公開していない情報(リクナビダイレクトに関する情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース等を含む)の一切を第三者へ開示・漏洩もしくは事業者自らのために利用してはならないものとします。
    6. 事業者は、リクナビダイレクトの操作を第三者に委託する場合も本条項と同等の義務を当該第三者に負わせるものとします。但しそれにより事業者の責を免れるものではなく、事業者及び第三者は連帯して責任を負担します。

    第10条(個人情報および応募情報データの閲覧および利用)

    当社およびリクルートキャリアは、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、次の各号に定めるとおり、利用者の個人情報を閲覧および利用するものとし、事業者は、これを予め承諾するものとします。

    1. 事業者は、当社およびリクルートキャリアが、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、必要な範囲内で、事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあることを予め承諾するものとします。なお、この場合、当社およびリクルートキャリアを含む当社の委託先のうち、事業者を担当する関係者についても事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあるものとします。
    2. 前号に規定する閲覧および利用は、本契約の有効期間終了後も継続するものとします。
    3. 当社は、リクナビダイレクトの遂行にあたって取得した個人情報を、本規約の定めに従って保持します。
    4. 当社およびリクルートキャリアは、企業情報等、応募、訪問会予約、採用ステータスその他の事業者および会員によるリクナビダイレクトの利用記録およびリクナビダイレクトを運営するために当社またはリクルートキャリアが取得した個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(事業者および第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、事業者はこれを承諾します。

    第11条(保守作業等によるリクナビダイレクトの運営の一時的な停止)

    1. 当社は、次の各号に該当する場合には事業者への事前の通知や承諾なしに、リクナビダイレクトの一時的な運営の停止を行うことがあり、事業者は、これを予め承諾します。
      1. (1)リクナビダイレクトにかかるサーバの保守またはリクナビダイレクトの仕様の変更もしくはシステムの瑕疵の修補等を行う場合
      2. (2)天災地変その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、または法令等の改正・成立によりリクナビダイレクトの運営が困難または不可能になった場合
      3. (3)上記各号の他、当社がやむを得ない事由によりリクナビダイレクトの運営上一時的な停止が必要と判断した場合
    2. 前項に定めるリクナビダイレクトの一時的な運営の停止により、事業者が登録した会社情報等のリクナビダイレクト上への反映の遅れまたは会員からの各種プログラムへの応募・予約等に遅れが生じた場合でも、当社は 、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(インターフェイスの変更)

    1. 事業者は、当社がリクナビダイレクトを取り巻くシステム環境の変化、リクナビダイレクトのシステムにかかる瑕疵の修捕、リクナビダイレクト利用上の不都合または多数の事業者からの要請等により、事業者への事前の通知なくインターフェイスを変更する場合があることおよび当該変更の結果変更後のインターフェイスとリクナビダイレクトマニュアルまたはリクナビダイレクトマニュアル内の表示等が異なる事態が生じることを予め承諾します。

    第13条(利用料および支払)

    1. 事業者は、事業者が申し込んだサービスが利用可能な状態となった時点で、第3条に基づき事業者が提出した申込書に記載した金額をリクナビダイレクト利用料(以下「利用料」といいます。)として支払わなければならないものとし、事業者がその後サービス利用の期間を短縮する等、申込内容を変更した場合であっても、利用料は、減額されないものとします。
    2. 事業者が別途当社の定めるオプションサービス(以下「オプションサービス」といいます。)の利用を希望する場合は、別途当社が指定するオプションサービスの申込フォームに記載した金額をオプションサービス利用料(以下「オプションサービス利用料」といいます。)として支払い債務を負担します。
    3. 事業者は、サービス期間の途中において本契約が終了した場合(当社の責に帰すべき事由による場合を除く。)においても利用料およびオプションサービス利用料(以下総称して「利用料等」といいます。)の支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料等を当社に支払っている場合には、当社は事業者に対し理由の如何を問わず当該利用料等の返還義務を負わないものとします。
    4. 事業者は、当社発行の請求書を受領した場合、請求書に記載された支払期日までに当社の指定する金融機関の口座への振込等にて利用料等を支払うものとします。なお、支払にかかる手数料は、事業者の負担とします。

    第14条(規約の変更)

    1. 当社は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下「変更条件」といいます。)の適用開始日の2週間以上前から適用開始日まで、変更条件を事業者向け企業管理画面において掲載するものとします。
    2. 事業者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の掲載日より2週間以内に、書面にて当社に対して通知しなければなりません。
    3. 当社が前項の通知を受領した場合は、当該変更条件適用開始日の前日をもって本契約は終了するものとします。但し、第13条の規定にしたがい、事業者は利用料の全額について支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を支払っている場合には、当社は事業者に対し利用料の返還義務を負わないものとします。
    4. 前3項の規定により本契約が終了する場合を除き、本規約は、適用開始日に、当該変更条件どおりに当然に変更されるものとします。

    第15条(当社の機密保持義務)

    1. 当社は、事業者のリクナビダイレクトの利用により、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたって当社に提供した情報(企業管理画面に登録した会社情報等、取引基準に関連する審査をするために事業者から提供を受けた情報を含みます。)を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、当該事業者の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、当社またはリクルートキャリアは、会社情報等および次項に規定する事業者の個人情報をもとに当該事業者の個社および会員の個人を特定できない形式による統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。
    2. 当社は、事業者から管理を委託された個人情報(以下「事業者の個人情報」といいます。)を機密として保持し、事業者の事前の書面による承諾なく、事業者の個人情報の複写、破壊、改竄、第三者への開示および漏洩、情報開示目的以外での利用を行いません。
    3. 当社は、事業者の個人情報、会社情報等を企業管理画面にて事業者が確認できるよう適正に管理します。なお、事業者の個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。保管期間が経過した事業者の個人情報は速やかに消去します。
    4. 当社は、事業者の個人情報の取扱いに関する管理責任者を選定し、業務遂行上事業者の個人情報を取り扱うことが必要な従業者(当社との雇用関係の有無を問いません。)のみ事業者の個人情報を取扱わせるものとします。
    5. 当社は、業務上必要な範囲内でのみ第三者に事業者の個人情報を取り扱う業務の全部または一部を委託することができるものとします(リクルートキャリアを含み、以下、かかる第三者を「委託先」といいます。)。但し、その場合、当社は、本条における当社の義務と同等の義務を委託先にも負わせるものとします。
    6. 当社は、事業者から事業者の個人情報の管理体制についての報告を求められた場合、第三者の個人情報の秘匿性を害することがない方法及び内容で、事業者に対して当該報告を行うものとします。
    7. の個人情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令を受けた場合、当社は、可能な限り事業者の個人情報の機密性の保持に努めます。

    第16条(当社の免責)

    1. 事業者は、自己の責任によりリクナビダイレクトを利用するものとし、当社は、本契約もしくはその履行およびリクナビダイレクトの利用に関して事業者につき生じた損害について、当社の故意または重大な過失による損害であることが明白な場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、かかる責任は、直接かつ通常の損害の範囲に限られ、かつ事業者の本契約に基づく支払済みの対価相当額を上限とします。
    2. 当社は、前項にかかわらず、第15条の義務に違反し、事業者の個人情報の帰属主体(以下「本人」といいます。)に損害を与えた場合には、本人に対する責任を負うものとし、事業者が本人からの請求に応じて損害賠償をした場合、その賠償金相当額を事業者に対して支払うものとします。但し、事業者が本人から損害賠償の請求を受けた後直ちに当社に対してその旨通知し、当社に対して紛争解決にあたる機会を与えなかった場合はこの限りではありません。
    3. 当社は、天災地変その他不可抗力(当社の責めに帰すべき事由によらない回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みます。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。
    4. 当社は、業務上通常要求される程度の合理的な措置を当社が講じていたにも関わらず、事業者又は第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(①ウイルスによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、③プロバイダのダウン、④事業者の操作ミスによるデータの流出・損壊、各種プログラムの募集機会の損失及び誤った情報の掲載並びに⑤システム環境の変化による障害、リクナビダイレクトにかかるシステムの瑕疵などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。
    5. 事業者は、企業管理画面の利用に当たって電子ファイルを添付する場合には、自己の責任においてウィルスチェック等を行うものとし、事業者の添付ファイルによって第三者に損害が発生した場合には、事業者は自己の費用と責任をもって当該第三者への対応に当たるものとします。
    6. 当社は、事業者に対し、会員の登録内容の真実性、最新性、確実性および当該情報が第三者の権利を侵害していないこと、会員の各種プログラムの応募の確実性、事業者に応募する会員の資質・能力および事業者への適合性等、リクナビダイレクトの効果および事業者がリクナビダイレクトおよび各種プログラムを通じて募集した会員に関する何らの保証も行わないものとします。

    第17条(権利義務譲渡の禁止)

    1. 事業者は、本契約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

    第18条(事業者の順守事項)

    1. セキュリティ保持の必要性に鑑み、事業者の自動巡回プログラム等によりリクナビダイレクトに関するシステムの全部又は一部に過負荷をもたらすおそれのある行為または当社の事前の書面による承諾なく、各種イベントの告知・応募管理等の目的を超えたアクセス(セキュリィティー診断、検査その他アクセスの目的および方法を問いません。)は一切禁止します。万一事業者が当該行為を行った場合、当社はこれに対し事前予告なくして遮断措置等技術上の措置を講じることができるものとし、これにより事業者に損失が生じた場合でも当社は何ら責任を負わないものとします。
    2. 事業者はリクナビダイレクトを利用するにあたり、次の各号を遵守することとします。
      1. 関係諸法規に違反しないこと
      2. 非合法な業態をとらないこと、または非合法な商品、役務の提供を行わないこと
      3. プライバシー、知的財産権など他者の権利を侵害する行為を行わないこと
      4. 国籍、人種、思想、信条、身体条件、家庭環境、出身地、居住地、性別、年齢制限など差別の肯定・助長する行為および会員に対する扱いを行わないこと(「ポジティブアクション」等男女雇用機会均等法に違反しない性別制限、雇用対策法に基づく年齢制限の場合は除きます。)
      5. 公序良俗に反する業態をとらないこと、または公序良俗に反する商品、役務の提供を行わないこと
      6. 性風俗特殊営業、電話異性紹介営業、性風俗特殊営業などの成人向けの商品、役務の提供を行わないこと
      7. パチンコ、競馬、競輪、競艇、オートレース等、ギャンブル性の高い情報の予想ソフト、攻略情報の提供を行わないこと
      8. 特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する広告・宣伝を行わないこと
      9. 意見広告・宗教広告等、思想信条に関する広告・宣伝を行わないこと
      10. 事業者および事業者の役員・従業員、株主その他実質的に事業者の全部または一部を支配する者が反社会的勢力でなく、かつ、反社会的勢力が経営に関与していないこと
      11. 掲載基準等当社の定めるルールに反する情報の提供その他利用を行わないこと
    3. 事業者はリクナビダイレクトを経由して事業者に応募のあった会員を、第三者(事業者のグループ会社を含みますがこれに限られません。)との雇用契約(正社員、契約社員、アルバイト、派遣従業員および業務委託等契約形態を問いません。)の会員として紹介、斡旋等はできないこととします。

    第19条(反社会的勢力の排除)

    1. 事業者および当社は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
      1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
      4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
      5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    2. 事業者および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      5. その他前各号に準ずる行為

    第20条(解除)

    1. 当社または事業者は、相手方が次の各号の一に該当するときには、相手方に対し通知を行うことにより、即時に本契約を解除またはリクナビダイレクトの一定期間の利用を停止することができます。
      1. 本規約の規定に違反したとき
      2. 相手方の信用を傷つけたとき
      3. 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
      4. 手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
      5. 事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
      6. 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
      7. 信用に不安が生じたとき
      8. 事業を廃止したとき、または清算にはいったとき
      9. 事業者が法令違反その他社会的合意に反する行為等を行ったことにより当社がリクナビダイレクトに会社情報等を掲載することが望ましくないと判断したとき
      10. その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき
    2. 当社は、前項各号に定める事項の他、第三者からの苦情または事業者に起因するトラブル等から、事業者によるリクナビダイレクトの利用が、当社またはリクナビダイレクトの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した場合には、事業者に対し通知することにより、本契約を即時に解除することができるものとします。
    3. 事業者は、前2項の規定により本契約を解除された場合には、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する一切の債務を弁済するものとします。

    第21条(合意管轄)

    1. 本規約及び本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    第22条(存続条項)

    1. 本契約終了後も、第9条、第15条、第17条、第18条、第19条、第21条および本条は有効に存続するものとします。

    第23条(協議解決)

    1. 本規約および運用ルール等の解釈に疑義が生じた場合、または本規約および運用ルール等に規定されていない事項については、当社と事業者は、協議の上円満に解決するものとします。

    (附則)

    リクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版 利用規約

    リクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版 利用規約

    第1条(規約の適用)

    1. リクナビダイレクト利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社リクル-ト(以下「当社」といいます。)と「リクナビダイレクト」(次条の定義に従います。)の利用にかかる契約(以下「本契約」といいます。 )を締結した事業者(以下「事業者」といいます。)に対して適用されるものとします。
    2. 当社は、本規約に基づき事業者にリクナビダイレクトにかかるサービスを提供するものとし、事業者は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。

    第2条(基本用語の定義)

    1. 本規約において使用する基本用語の定義は、次の各号とおりとします。
      1. リクナビダイレクト:当社が提供する、大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高等専門学校および各種学校(海外の大学等を含み以下、「大学等」といいます。) の新卒者(第5号に定めます。)または既卒者(第6号に定めます。なお、新卒者および既卒者を合わせて「会員」といいます。)を対象とした、事業者の採用活動を支援するインターネットウェブサイトまたは当該サイトに含まれるサービスの総称いいます。当社は、株式会社リクルートキャリア(以下「リクルートキャリア」といいます。」)に対してリクナビダイレクトの管理・運営を委託します。
      2. 企業管理画面(応募管理ツールおよび原稿管理システム):原稿情報・プレエントリーおよび応募データ・予約の受付・個々の会員の採用状況について一元管理および検索を、事業者の手元のパソコンからインターネット経由で当社のデータベースサーバにアクセスすることにより、行うことが可能なリクナビダイレクト専用の応募管理支援および原稿管理システムとそのユーザーインターフェースをいいます。
      3. リクナビダイレクトサポートデスク:リクナビダイレクトに付随して提供されるサービスで、事業者からのリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する問合わせの受付を行う組織をいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託します。
      4. リクナビダイレクトマニュアル:当社が事業者に提供する事業者がリクナビダイレクトを適切に利用するための操作方法・注意事項等リクナビダイレクト利用上の諸規則・運用ルールの総称または当該運用ルールを記載した文書(企業管理画面上で当社によりなされる告知を含みますがこれに限られません。)をいいます。
      5. 新卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う2019年4月1日から2020年3月31日までに卒業または卒業予定の学生をいいます。
      6. 既卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う大学等を2016年4月1日から2019年3月31日までに卒業した者をいいます。
      7. 応募:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者との訪問会に応募をすることをいいます。
      8. プレエントリー:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者と個別に連絡(事業者への質問や選考への参加などを含みますがこれらに限りません。)を取ることをいいます。

    第3条(リクナビダイレクトの利用申込)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトの利用にかかる申込を行う場合には、リクナビダイレクトが会員を従業員として採用したい会社を対象としたサービスであること、リクナビダイレクトの仕組みおよびリクナビダイレクトにより提供されるサービスの内容を理解・承諾の上、別途当社が指定する方法により申し込むものとします。

    第4条(契約の成立)

    1. 前条の事業者によるリクナビダイレクトの利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の取引基準(就業規則・給与規定等の社内規定が整備されていること、社会保険を完備していることを含みます。)に基づく審査により、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間に本契約が成立するものとします。ただし、事業者は、本規約の内容を理解しこれに同意した場合に限り、リクナビダイレクトを利用することができるものとします。なお、申込時に本規約への同意ボタンがクリックされたことまたはFAX等により当社に対して申込書を送信したことをもって、事業者が本規約に同意したものとみなします。
    2. リクナビダイレクトの企業管理画面の利用期間には制限があります。また、企業管理画面の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載可能期間は、申込書または申込フォームに記載された期間とします。
    3. 契約期間中であっても、事業者が取引基準に照らして適格ではないと当社が合理的に判断する場合には、掲載中の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載停止、掲載情報の削除、ID等(第6条第1項に定めます。)の利用停止等、当社が必要だと判断する対応をします。

    第5条(リクナビダイレクトの利用)

    1. リクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版のサービス提供期間は、2019年3月1日から2020年3月31日までとします。ただし、サービス提供期間に応募またはプレエントリーをおこなった会員については、サービス提供期間終了後も、当該会員の応募またはプレエントリーが完了するまたは終了するまで本規約が適用されるものとします。
    2. リクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版の申込み時点において、次年度以降のリクナビダイレクト(ただし、有料オプションは除きます。)の利用を事業者が希望する場合で、当社が次年度以降にリクナビダイレクトにおいてリクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版と同等のサービスを提供し、当社の認めるときには、当社は、事業者が同サービスの利用規約に同意した上で同サービスに申し込んだものとみなし、翌年度以降も同様とします。ただし、第4条第1項に定める通り、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間にリクナビダイレクト利用にかかる契約が成立するものとし、当社は当社の裁量により事業者の申込みを承諾しないことができるものとします。
    3. 事業者は、リクナビダイレクトを利用するにあたり、本規約に規定する事項、リクナビダイレクトマニュアルおよび当社が定める本サービス利用上の諸規則・運用ルール(ガイドライン、諸規則、注意事項等名称を問いません。)を遵守するものとします。なお、当社は、リクナビダイレクトマニュアルにつき、自己の判断により事業者への通知をもって適宜変更することができるものとし、リクナビダイレクトマニュアルおよび本サービス利用上の諸規則・運用ルールは本規約の一部とします。
    4. 当社は、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたり、事業者に対し、予めリクナビダイレクトマニュアル、その他当社が必要と判断するリクナビダイレクトの機能・サービス内容の詳細・利用方法等についての資料をインターネット上閲覧可能な形式もしくは書面にて提供するものとします。
    5. 事業者は、当社に対し、職業安定法その他各種法令等(以下あわせて「法令」といいます。)に抵触する可能性のある業務を委託することはできません。また、当社が事業者より実施の依頼を受けた業務につき、当社が法令に抵触する可能性があると判断した場合には、当社は当該業務の実施依頼を拒絶することができます。
    6. 当社は、本規約に規定する当社の義務と同等の義務を課した上で、リクナビダイレクトに係る業務の全部または一部の業務を、第三者へ委託できるものとします (以下、かかる第三者を「委託先」といいます。) 。
    7. リクナビダイレクトの利用にあたり、事業者は、当社に対し、統一した連絡窓口を予め通知するものとします。また、事業者は、当該窓口に変更が生じる場合には、予め当社に通知するものとします。

    第6条(リクナビダイレクト利用企業ID・パスワード)

    1. 当社は、本契約が成立した場合には、事業者に対し、リクナビダイレクトの利用にかかるIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます。)を発行するものとします。
    2. 事業者は、個人情報保護及びセキュリティ保持の必要上、ID等について厳重な管理義務を負うものであり、第三者にID等を譲渡してはならないものとします。但し、事業者が事務処理の必要性からID等を業務委託先に使用させる場合には、事業者の一切の責任においてこれを行うものとし、それにかかる事故等に関し、当社は何らの責任も負わないものとします。
    3. 当社または事業者の都合によりID等を再発行する場合には、当社は、情報セキュリティの観点から事業者にかかる認証を行うことができるものとします。なお、事業者は、ID等の再発行にかかる事務処理は一定の時間を要し、当社が即時の再発行には応じられないことを予め承諾します。

    第7条(リクナビダイレクトへの会社情報および各種プログラム募集情報の掲載)

    1. 事業者は、事業者の会社情報および事業者の募集・採用情報、採用活動に係る活動(「各種プログラム」といいます。)、事業者が企画運営する訪問会日程等(以下あわせて「会社情報等」といいます。)を事業者の端末等から企業管理画面に直接登録し、当社の審査に合格した場合に、リクナビダイレクト上に掲載することができるものとします。この場合、事業者は、当社の定める掲載基準(以下「掲載基準」といいます。)を遵守の上、会社情報等を自己の責任と判断において適宜登録するものとします。 なお、本項に定める当社の審査、または事業者による会社情報等の掲載中に行う当社の審査において、会社情報等の一部の情報の掲載について当社が不適格と判断した場合、事業者に事前の通知なく、当社の裁量で、当該情報の掲載の留保、停止または事業者に対する修正依頼等必要な対応することができるものとします。
    2. 事業者が登録した会社情報等が掲載基準に反する場合または事実に反すると当社が判断した場合には、当社は、登録された会社情報等の掲載を留保し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合、事業者が当該会社情報等の掲載を希望する場合には、事業者は、掲載基準を満たした内容に修正の上、再度会社情報等の登録を行うものとし、当社は、掲載基準に適う内容であることを確認できた場合に掲載を行うものとします。なお、事業者が予め希望する日時までに掲載の処理を行えない場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。また、当社は、事業者が登録した会社情報等を掲載した場合であっても、会社情報等が法令に違反していないこと等、一切保証いたしません。
    3. 事業者は、本条に基づき掲載された会社情報等に変更が生じた場合には、直ちに掲載情報に当該変更内容を反映させるものとします。
    4. 掲載された会社情報等が掲載基準に反することまたは事実に反することが明らかになった場合には、当社は、掲載されている会社情報等の掲載を留保または中止し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合の当該会社情報等の掲載についても第2項と同様とします。
    5. リクナビダイレクトに関する一切の著作権は、当社またはリクルートキャリアが有するものとします。ただし、事業者または事業者から委託を受けた第三者が作成した原稿、写真等については、この限りではなく、事業者は、リクナビダイレクトへの掲載等事業者の採用活動を支援する目的で当社が利用すること、当該利用にあたり当社が当該著作物を自由に複製・改変・削除等を行うことを予め承諾するものとし、著作者人格権を有する場合でも、行使しないものとします。事業者は、かかる著作物に含まれる権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません。)を有する第三者から、予めリクナビダイレクトでの利用にかかる許諾を得るとともに、当該利用に必要な権利処理の一切を行うものとします。なお、かかる著作物に関連して第三者からクレーム、請求等がなされた場合、事業者の責任において対応をするものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
    6. 事業者は、当社が、情報提供の多元化等を目的として、リクナビダイレクト以外のウェブサイトまたは各種メディアにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の転載を行うことがあり得ること、および第三者が当該第三者のウェブサイトにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の掲載を行うことがあり得ることについて、予め了承するものとします。
    7. 事業者は、プレエントリーを受けた場合、原則、当該プレエントリーを行った会員に対して何らかの連絡(プレエントリーに対する返信および質問等に対する回答を含みますが、これらに限りません。)を行うものとします。

    第8条(リクナビダイレクトサポートデスクによるサービス)

    1. 当社は、リクナビダイレクトサポートデスクにおいて、事業者のために事業者のリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する電話、ファックス、問い合わせフォームおよびe-mailによる問合せの受付を行うものとします。リクナビダイレクトサポートデスクの受付時間は、当社が別途定めるところに従います。なお、リクナビダイレクトサポートデスクは、問合わせ内容の正確な把握および今後のサービス向上等のために音声を録音ことがあります。事業者はこれを承諾した上でリクナビダイレクトサポートセンターを利用するものとします。
    2. リクナビダイレクトサポートデスクは、事業者からの問い合わせに対応するにあたり必要となる範囲で、事業者の原稿・メール内容、学生等の事業者に対する応募・プレエントリーを含む選考の進捗状況、事業者と学生等の間でやり取りされたメッセージの存否・その内容、および事業者の各種設定状況等を確認することがあります。

    第9条(リクナビダイレクト、応募情報および機密情報の目的外利用の禁止)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトにより提供されるサービス、会員が事業者に提供した応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報(以下、応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報をあわせて「応募情報」といいます。)を各種プログラムの実施目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であると否とを問いません。)に一切使用しないものとします。
    2. 事業者は、応募を受けた場合、応募のあった募集職種について、事業者で設定した日時で、会員と訪問会を開催することとします。
    3. 事業者は、応募情報を機密として厳重かつ適正に取扱うものとし、会員の本人の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
    4. 事業者による応募情報の使用および管理に関し、会員その他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかるクレームや訴訟に対して、事業者は一切の責任と費用でこれを解決するものとし、当社が一切の責任を負わないことに同意するものとします。
    5. 事業者は、リクナビダイレクトの利用を通じて知りうる当社の一般に公開していない情報(リクナビダイレクトに関する情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース等を含む)の一切を第三者へ開示・漏洩もしくは事業者自らのために利用してはならないものとします。
    6. 事業者は、リクナビダイレクトの操作を第三者に委託する場合も本条項と同等の義務を当該第三者に負わせるものとします。但しそれにより事業者の責を免れるものではなく、事業者及び第三者は連帯して責任を負担します。

    第10条(個人情報および応募情報データの閲覧および利用)

    1. 当社およびリクルートキャリアは、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、次の各号に定めるとおり、利用者の個人情報を閲覧および利用するものとし、事業者は、これを予め承諾するものとします。
      1. 事業者は、当社およびリクルートキャリアが、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、必要な範囲内で、事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあることを予め承諾するものとします。なお、この場合、当社およびリクルートキャリアを含む当社の委託先のうち、事業者を担当する関係者についても事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあるものとします。
      2. 前号に規定する閲覧および利用は、本契約の有効期間終了後も継続するものとします。
      3. 当社は、リクナビダイレクトの遂行にあたって取得した個人情報を、本規約の定めに従って保持します。
      4. 当社およびリクルートキャリアは、企業情報等、応募、訪問会予約、採用ステータスその他の事業者および会員によるリクナビダイレクトの利用記録およびリクナビダイレクトを運営するために当社またはリクルートキャリアが取得した個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(事業者および第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、事業者はこれを承諾します。

    第11条(保守作業等によるリクナビダイレクトの運営の一時的な停止)

    1. 当社は、次の各号に該当する場合には事業者への事前の通知や承諾なしに、リクナビダイレクトの一時的な運営の停止を行うことがあり、事業者は、これを予め承諾します。
      1. リクナビダイレクトにかかるサーバの保守またはリクナビダイレクトの仕様の変更もしくはシステムの瑕疵の修補等を行う場合
      2. 天災地変その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、または法令等の改正・成立によりリクナビダイレクトの運営が困難または不可能になった場合
      3. 上記各号の他、当社がやむを得ない事由によりリクナビダイレクトの運営上一時的な停止が必要と判断した場合
    2. 前項に定めるリクナビダイレクトの一時的な運営の停止により、事業者が登録した会社情報等のリクナビダイレクト上への反映の遅れまたは会員からの各種プログラムへの応募・予約等に遅れが生じた場合でも、当社は 、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(インターフェイスの変更)

    1. 事業者は、当社がリクナビダイレクトを取り巻くシステム環境の変化、リクナビダイレクトのシステムにかかる瑕疵の修捕、リクナビダイレクト利用上の不都合または多数の事業者からの要請等により、事業者への事前の通知なくインターフェイスを変更する場合があることおよび当該変更の結果変更後のインターフェイスとリクナビダイレクトマニュアルまたはリクナビダイレクトマニュアル内の表示等が異なる事態が生じることを予め承諾します。

    第13条(利用料および支払)

    1. 事業者は、事業者が申し込んだサービスが利用可能な状態となった時点で、第3条に基づき事業者が提出した申込書に記載した金額をリクナビダイレクト利用料(以下「利用料」といいます。)として支払わなければならないものとし、事業者がその後サービス利用の期間を短縮する等、申込内容を変更した場合であっても、利用料は、減額されないものとします。
    2. 事業者が別途当社の定めるオプションサービス(以下「オプションサービス」といいます。)の利用を希望する場合は、別途当社が指定するオプションサービスの申込フォームに記載した金額をオプションサービス利用料(以下「オプションサービス利用料」といいます。)として支払い債務を負担します。
    3. 事業者は、サービス期間の途中において本契約が終了した場合(当社の責に帰すべき事由による場合を除く。)においても利用料およびオプションサービス利用料(以下総称して「利用料等」といいます。)の支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料等を当社に支払っている場合には、当社は事業者に対し理由の如何を問わず当該利用料等の返還義務を負わないものとします。
    4. 事業者は、当社発行の請求書を受領した場合、請求書に記載された支払期日までに当社の指定する金融機関の口座への振込等にて利用料等を支払うものとします(小切手や手形等の集金が伴う支払については、これを受け付けません。)。なお、支払にかかる手数料は、事業者の負担とします。

    第14条(規約の変更)

    1. 当社は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下「変更条件」といいます。)の適用開始日の2週間以上前から適用開始日まで、変更条件を事業者向け企業管理画面において掲載するものとします。
    2. 事業者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の掲載日より2週間以内に、書面にて当社に対して通知しなければなりません。
    3. 当社が前項の通知を受領した場合は、当該変更条件適用開始日の前日をもって本契約は終了するものとします。但し、第13条の規定にしたがい、事業者は利用料の全額について支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を支払っている場合には、当社は事業者に対し利用料の返還義務を負わないものとします。
    4. 前3項の規定により本契約が終了する場合を除き、本規約は、適用開始日に、当該変更条件どおりに当然に変更されるものとします。

    第15条(当社の機密保持義務)

    1. 当社は、事業者のリクナビダイレクトの利用により、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたって当社に提供した情報(企業管理画面に登録した会社情報等、取引基準に関連する審査をするために事業者から提供を受けた情報を含みます。)を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、当該事業者の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、当社またはリクルートキャリアは、会社情報等および次項に規定する事業者の個人情報をもとに当該事業者の個社および会員の個人を特定できない形式による統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。
    2. 当社は、事業者から管理を委託された個人情報(以下「事業者の個人情報」といいます。)を機密として保持し、事業者の事前の書面による承諾なく、事業者の個人情報の複写、破壊、改竄、第三者への開示および漏洩、情報開示目的以外での利用を行いません。
    3. 当社は、事業者の個人情報、会社情報等を企業管理画面にて事業者が確認できるよう適正に管理します。なお、事業者の個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。保管期間が経過した事業者の個人情報は速やかに消去します。
    4. 当社は、事業者の個人情報の取扱いに関する管理責任者を選定し、業務遂行上事業者の個人情報を取り扱うことが必要な従業者(当社との雇用関係の有無を問いません。)のみ事業者の個人情報を取扱わせるものとします。
    5. 当社は、業務上必要な範囲内でのみ第三者に事業者の個人情報を取り扱う業務の全部または一部を委託することができるものとします(リクルートキャリアを含み、以下、かかる第三者を「委託先」といいます。)。但し、その場合、当社は、本条における当社の義務と同等の義務を委託先にも負わせるものとします。
    6. 当社は、事業者から事業者の個人情報の管理体制についての報告を求められた場合、第三者の個人情報の秘匿性を害することがない方法及び内容で、事業者に対して当該報告を行うものとします。
    7. 当社は、国その他の公権力により適法に事業者の個人情報の開示を命令された場合、当該公権力に対し事業者の個人情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令を受けた場合、当社は、可能な限り事業者の個人情報の機密性の保持に努めます。

    第16条(当社の免責)

    1. 事業者は、自己の責任によりリクナビダイレクトを利用するものとし、当社は、本契約もしくはその履行およびリクナビダイレクトの利用に関して事業者につき生じた損害について、当社の故意または重大な過失による損害であることが明白な場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、かかる責任は、直接かつ通常の損害の範囲に限られ、かつ事業者の本契約に基づく支払済みの対価相当額を上限とします。
    2. 当社は、前項にかかわらず、第15条の義務に違反し、事業者の個人情報の帰属主体(以下「本人」といいます。)に損害を与えた場合には、本人に対する責任を負うものとし、事業者が本人からの請求に応じて損害賠償をした場合、その賠償金相当額を事業者に対して支払うものとします。但し、事業者が本人から損害賠償の請求を受けた後直ちに当社に対してその旨通知し、当社に対して紛争解決にあたる機会を与えなかった場合はこの限りではありません。
    3. 当社は、天災地変その他不可抗力(当社の責めに帰すべき事由によらない回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みます。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。
    4. 当社は、業務上通常要求される程度の合理的な措置を当社が講じていたにも関わらず、事業者又は第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(①ウイルスによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、③プロバイダのダウン、④事業者の操作ミスによるデータの流出・損壊、各種プログラムの募集機会の損失及び誤った情報の掲載並びに⑤システム環境の変化による障害、リクナビダイレクトにかかるシステムの瑕疵などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。
    5. 事業者は、企業管理画面の利用に当たって電子ファイルを添付する場合には、自己の責任においてウィルスチェック等を行うものとし、事業者の添付ファイルによって第三者に損害が発生した場合には、事業者は自己の費用と責任をもって当該第三者への対応に当たるものとします。
    6. 当社は、事業者に対し、会員の登録内容の真実性、最新性、確実性および当該情報が第三者の権利を侵害していないこと、会員の各種プログラムの応募の確実性、事業者に応募する会員の資質・能力および事業者への適合性等、リクナビダイレクトの効果および事業者がリクナビダイレクトおよび各種プログラムを通じて募集した会員に関する何らの保証も行わないものとします。

    第17条(権利義務譲渡の禁止)

    1. 事業者は、本契約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

    第18条(事業者の順守事項)

    1. セキュリティ保持の必要性に鑑み、事業者の自動巡回プログラム等によりリクナビダイレクトに関するシステムの全部又は一部に過負荷をもたらすおそれのある行為または当社の事前の書面による承諾なく、各種イベントの告知・応募管理等の目的を超えたアクセス(セキュリィティー診断、検査その他アクセスの目的および方法を問いません。)は一切禁止します。万一事業者が当該行為を行った場合、当社はこれに対し事前予告なくして遮断措置等技術上の措置を講じることができるものとし、これにより事業者に損失が生じた場合でも当社は何ら責任を負わないものとします。
    2. 事業者はリクナビダイレクトを利用するにあたり、次の各号を遵守することとします。
      1. 関係諸法規に違反しないこと
      2. 非合法な業態をとらないこと、または非合法な商品、役務の提供を行わないこと
      3. プライバシー、知的財産権など他者の権利を侵害する行為を行わないこと
      4. 国籍、人種、思想、信条、身体条件、家庭環境、出身地、居住地、性別、年齢制限など差別の肯定・助長する行為および会員に対する扱いを行わないこと(「ポジティブアクション」等男女雇用機会均等法に違反しない性別制限、雇用対策法に基づく年齢制限の場合は除きます。)
      5. 公序良俗に反する業態をとらないこと、または公序良俗に反する商品、役務の提供を行わないこと
      6. 性風俗特殊営業、電話異性紹介営業、性風俗特殊営業などの成人向けの商品、役務の提供を行わないこと
      7. パチンコ、競馬、競輪、競艇、オートレース等、ギャンブル性の高い情報の予想ソフト、攻略情報の提供を行わないこと
      8. 特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する広告・宣伝を行わないこと
      9. 意見広告・宗教広告等、思想信条に関する広告・宣伝を行わないこと
      10. 事業者および事業者の役員・従業員、株主その他実質的に事業者の全部または一部を支配する者が反社会的勢力でなく、かつ、反社会的勢力が経営に関与していないこと
      11. 掲載基準等当社の定めるルールに反する情報の提供その他利用を行わないこと
    3. 事業者はリクナビダイレクトを経由して事業者に応募のあった会員を、第三者(事業者のグループ会社を含みますがこれに限られません。)との雇用契約(正社員、契約社員、アルバイト、派遣従業員および業務委託等契約形態を問いません。)の会員として紹介、斡旋等はできないこととします。

    第19条(反社会的勢力の排除)

    1. 事業者および当社は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
      1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
      4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
      5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    2. 事業者および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      5. その他前各号に準ずる行為

    第20条(解除)

    1. 当社または事業者は、相手方が次の各号の一に該当するときには、相手方に対し通知を行うことにより、即時に本契約を解除またはリクナビダイレクトの一定期間の利用を停止することができます。
      1. 本規約の規定に違反したとき
      2. 相手方の信用を傷つけたとき
      3. 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
      4. 手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
      5. 事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
      6. 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
      7. 信用に不安が生じたとき
      8. 事業を廃止したとき、または清算にはいったとき
      9. 事業者が法令違反その他社会的合意に反する行為等を行ったことにより当社がリクナビダイレクトに会社情報等を掲載することが望ましくないと判断したとき
      10. その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき
    2. 当社は、前項各号に定める事項の他、第三者からの苦情または事業者に起因するトラブル等から、事業者によるリクナビダイレクトの利用が、当社またはリクナビダイレクトの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した場合には、事業者に対し通知することにより、本契約を即時に解除することができるものとします。
    3. 事業者は、前2項の規定により本契約を解除された場合には、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する一切の債務を弁済するものとします。

    第21条(合意管轄)

    1. 本規約及び本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    第22条(存続条項)

    1. 本契約終了後も、第9条、第15条、第17条、第18条、第19条、第21条および本条は有効に存続するものとします。

    第23条(協議解決)

    1. 本規約および運用ルール等の解釈に疑義が生じた場合、または本規約および運用ルール等に規定されていない事項については、当社と事業者は、協議の上円満に解決するものとします。

    (附則)
    平成30年7月1日作成・適用

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    リクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版 利用規約

    第1条(規約の適用)

    1. リクナビダイレクト利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社リクル-ト(以下「当社」といいます。)と「リクナビダイレクト」(次条の定義に従います。)の利用にかかる契約(以下「本契約」といいます。 )を締結した事業者(以下「事業者」といいます。)に対して適用されるものとします。
    2. 当社は、本規約に基づき事業者にリクナビダイレクトにかかるサービスを提供するものとし、事業者は、本規約に定める義務を誠実に履行するものとします。

    第2条(基本用語の定義)

    1. 本規約において使用する基本用語の定義は、次の各号とおりとします。
      1. リクナビダイレクト:当社が提供する、大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高等専門学校および各種学校(海外の大学等を含み以下、「大学等」といいます。) の新卒者(第5号に定めます。)または既卒者(第6号に定めます。なお、新卒者および既卒者を合わせて「会員」といいます。)を対象とした、事業者の採用活動を支援するインターネットウェブサイトまたは当該サイトに含まれるサービスの総称いいます。当社は、株式会社リクルートキャリア(以下「リクルートキャリア」といいます。」)に対してリクナビダイレクトの管理・運営を委託します。
      2. 企業管理画面(応募管理ツールおよび原稿管理システム):原稿情報・プレエントリーおよび応募データ・予約の受付・個々の会員の採用状況について一元管理および検索を、事業者の手元のパソコンからインターネット経由で当社のデータベースサーバにアクセスすることにより、行うことが可能なリクナビダイレクト専用の応募管理支援および原稿管理システムとそのユーザーインターフェースをいいます。
      3. リクナビダイレクトサポートデスク:リクナビダイレクトに付随して提供されるサービスで、事業者からのリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する問合わせの受付を行う組織をいいます。当社は、リクルートキャリアにその管理・運営を委託します。
      4. リクナビダイレクトマニュアル:当社が事業者に提供する事業者がリクナビダイレクトを適切に利用するための操作方法・注意事項等リクナビダイレクト利用上の諸規則・運用ルールの総称または当該運用ルールを記載した文書(企業管理画面上で当社によりなされる告知を含みますがこれに限られません。)をいいます。
      5. 新卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う2019年4月1日から2020年3月31日までに卒業または卒業予定の学生をいいます。
      6. 既卒者:リクナビダイレクトを通じて事業者に応募(第7号に定めます。)等を行う大学等を2016年4月1日から2019年3月31日までに卒業した者をいいます。
      7. 応募:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者との訪問会に応募をすることをいいます。
      8. プレエントリー:会員が、リクナビダイレクトを経由して、事業者と個別に連絡(事業者への質問や選考への参加などを含みますがこれらに限りません。)を取ることをいいます。

    第3条(リクナビダイレクトの利用申込)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトの利用にかかる申込を行う場合には、リクナビダイレクトが会員を従業員として採用したい会社を対象としたサービスであること、リクナビダイレクトの仕組みおよびリクナビダイレクトにより提供されるサービスの内容を理解・承諾の上、別途当社が指定する方法により申し込むものとします。

    第4条(契約の成立)

    1. 前条の事業者によるリクナビダイレクトの利用にかかる申込みがなされ、当社が当社の取引基準(就業規則・給与規定等の社内規定が整備されていること、社会保険を完備していることを含みます。)に基づく審査により、適格と判断した場合において、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間に本契約が成立するものとします。ただし、事業者は、本規約の内容を理解しこれに同意した場合に限り、リクナビダイレクトを利用することができるものとします。なお、申込時に本規約への同意ボタンがクリックされたことまたはFAX等により当社に対して申込書を送信したことをもって、事業者が本規約に同意したものとみなします。
    2. リクナビダイレクトの企業管理画面の利用期間には制限があります。また、企業管理画面の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載可能期間は、申込書または申込フォームに記載された期間とします。
    3. 契約期間中であっても、事業者が取引基準に照らして適格ではないと当社が合理的に判断する場合には、掲載中の会社情報等(第7条第1項に定めます。)の掲載停止、掲載情報の削除、ID等(第6条第1項に定めます。)の利用停止等、当社が必要だと判断する対応をします。

    第5条(リクナビダイレクトの利用)

    1. リクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版のサービス提供期間は、2019年3月1日から2020年3月31日までとします。ただし、サービス提供期間に応募またはプレエントリーをおこなった会員については、サービス提供期間終了後も、当該会員の応募またはプレエントリーが完了するまたは終了するまで本規約が適用されるものとします。
    2. リクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版の申込み時点において、次年度以降のリクナビダイレクト(ただし、有料オプションは除きます。)の利用を事業者が希望する場合で、当社が次年度以降にリクナビダイレクトにおいてリクナビダイレクト2020・リクナビダイレクト既卒版と同等のサービスを提供し、当社の認めるときには、当社は、事業者が同サービスの利用規約に同意した上で同サービスに申し込んだものとみなし、翌年度以降も同様とします。ただし、第4条第1項に定める通り、当社による承諾の意思表示が事業者に到達した時をもって、当社と事業者の間にリクナビダイレクト利用にかかる契約が成立するものとし、当社は当社の裁量により事業者の申込みを承諾しないことができるものとします。
    3. 事業者は、リクナビダイレクトを利用するにあたり、本規約に規定する事項、リクナビダイレクトマニュアルおよび当社が定める本サービス利用上の諸規則・運用ルール(ガイドライン、諸規則、注意事項等名称を問いません。)を遵守するものとします。なお、当社は、リクナビダイレクトマニュアルにつき、自己の判断により事業者への通知をもって適宜変更することができるものとし、リクナビダイレクトマニュアルおよび本サービス利用上の諸規則・運用ルールは本規約の一部とします。
    4. 当社は、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたり、事業者に対し、予めリクナビダイレクトマニュアル、その他当社が必要と判断するリクナビダイレクトの機能・サービス内容の詳細・利用方法等についての資料をインターネット上閲覧可能な形式もしくは書面にて提供するものとします。
    5. 事業者は、当社に対し、職業安定法その他各種法令等(以下あわせて「法令」といいます。)に抵触する可能性のある業務を委託することはできません。また、当社が事業者より実施の依頼を受けた業務につき、当社が法令に抵触する可能性があると判断した場合には、当社は当該業務の実施依頼を拒絶することができます。
    6. 当社は、本規約に規定する当社の義務と同等の義務を課した上で、リクナビダイレクトに係る業務の全部または一部の業務を、第三者へ委託できるものとします (以下、かかる第三者を「委託先」といいます。) 。
    7. リクナビダイレクトの利用にあたり、事業者は、当社に対し、統一した連絡窓口を予め通知するものとします。また、事業者は、当該窓口に変更が生じる場合には、予め当社に通知するものとします。

    第6条(リクナビダイレクト利用企業ID・パスワード)

    1. 当社は、本契約が成立した場合には、事業者に対し、リクナビダイレクトの利用にかかるIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます。)を発行するものとします。
    2. 事業者は、個人情報保護及びセキュリティ保持の必要上、ID等について厳重な管理義務を負うものであり、第三者にID等を譲渡してはならないものとします。但し、事業者が事務処理の必要性からID等を業務委託先に使用させる場合には、事業者の一切の責任においてこれを行うものとし、それにかかる事故等に関し、当社は何らの責任も負わないものとします。
    3. 当社または事業者の都合によりID等を再発行する場合には、当社は、情報セキュリティの観点から事業者にかかる認証を行うことができるものとします。なお、事業者は、ID等の再発行にかかる事務処理は一定の時間を要し、当社が即時の再発行には応じられないことを予め承諾します。

    第7条(リクナビダイレクトへの会社情報および各種プログラム募集情報の掲載)

    1. 事業者は、事業者の会社情報および事業者の募集・採用情報、採用活動に係る活動(「各種プログラム」といいます。)、事業者が企画運営する訪問会日程等(以下あわせて「会社情報等」といいます。)を事業者の端末等から企業管理画面に直接登録し、当社の審査に合格した場合に、リクナビダイレクト上に掲載することができるものとします。この場合、事業者は、当社の定める掲載基準(以下「掲載基準」といいます。)を遵守の上、会社情報等を自己の責任と判断において適宜登録するものとします。 なお、本項に定める当社の審査、または事業者による会社情報等の掲載中に行う当社の審査において、会社情報等の一部の情報の掲載について当社が不適格と判断した場合、事業者に事前の通知なく、当社の裁量で、当該情報の掲載の留保、停止または事業者に対する修正依頼等必要な対応することができるものとします。
    2. 事業者が登録した会社情報等が掲載基準に反する場合または事実に反すると当社が判断した場合には、当社は、登録された会社情報等の掲載を留保し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合、事業者が当該会社情報等の掲載を希望する場合には、事業者は、掲載基準を満たした内容に修正の上、再度会社情報等の登録を行うものとし、当社は、掲載基準に適う内容であることを確認できた場合に掲載を行うものとします。なお、事業者が予め希望する日時までに掲載の処理を行えない場合でも、当社は何らの責任も負わないものとします。また、当社は、事業者が登録した会社情報等を掲載した場合であっても、会社情報等が法令に違反していないこと等、一切保証いたしません。
    3. 事業者は、本条に基づき掲載された会社情報等に変更が生じた場合には、直ちに掲載情報に当該変更内容を反映させるものとします。
    4. 掲載された会社情報等が掲載基準に反することまたは事実に反することが明らかになった場合には、当社は、掲載されている会社情報等の掲載を留保または中止し、事業者に修正を求める権利を有します。この場合の当該会社情報等の掲載についても第2項と同様とします。
    5. リクナビダイレクトに関する一切の著作権は、当社またはリクルートキャリアが有するものとします。ただし、事業者または事業者から委託を受けた第三者が作成した原稿、写真等については、この限りではなく、事業者は、リクナビダイレクトへの掲載等事業者の採用活動を支援する目的で当社が利用すること、当該利用にあたり当社が当該著作物を自由に複製・改変・削除等を行うことを予め承諾するものとし、著作者人格権を有する場合でも、行使しないものとします。事業者は、かかる著作物に含まれる権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません。)を有する第三者から、予めリクナビダイレクトでの利用にかかる許諾を得るとともに、当該利用に必要な権利処理の一切を行うものとします。なお、かかる著作物に関連して第三者からクレーム、請求等がなされた場合、事業者の責任において対応をするものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
    6. 事業者は、当社が、情報提供の多元化等を目的として、リクナビダイレクト以外のウェブサイトまたは各種メディアにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の転載を行うことがあり得ること、および第三者が当該第三者のウェブサイトにおいて、事業者のリクナビダイレクト上の会社情報等の掲載を行うことがあり得ることについて、予め了承するものとします。
    7. 事業者は、プレエントリーを受けた場合、原則、当該プレエントリーを行った会員に対して何らかの連絡(プレエントリーに対する返信および質問等に対する回答を含みますが、これらに限りません。)を行うものとします。

    第8条(リクナビダイレクトサポートデスクによるサービス)

    1. 当社は、リクナビダイレクトサポートデスクにおいて、事業者のために事業者のリクナビダイレクトの操作方法その他リクナビダイレクトに関する電話、ファックス、問い合わせフォームおよびe-mailによる問合せの受付を行うものとします。リクナビダイレクトサポートデスクの受付時間は、当社が別途定めるところに従います。なお、リクナビダイレクトサポートデスクは、問合わせ内容の正確な把握および今後のサービス向上等のために音声を録音ことがあります。事業者はこれを承諾した上でリクナビダイレクトサポートセンターを利用するものとします。
    2. リクナビダイレクトサポートデスクは、事業者からの問い合わせに対応するにあたり必要となる範囲で、事業者の原稿・メール内容、学生等の事業者に対する応募・プレエントリーを含む選考の進捗状況、事業者と学生等の間でやり取りされたメッセージの存否・その内容、および事業者の各種設定状況等を確認することがあります。

    第9条(リクナビダイレクト、応募情報および機密情報の目的外利用の禁止)

    1. 事業者は、リクナビダイレクトにより提供されるサービス、会員が事業者に提供した応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報(以下、応募内容ならびにプレエントリー内容およびその他の個人情報をあわせて「応募情報」といいます。)を各種プログラムの実施目的にのみ使用するものとし、その他の目的(商業目的であると否とを問いません。)に一切使用しないものとします。
    2. 事業者は、応募を受けた場合、応募のあった募集職種について、事業者で設定した日時で、会員と訪問会を開催することとします。
    3. 事業者は、応募情報を機密として厳重かつ適正に取扱うものとし、会員の本人の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
    4. 事業者による応募情報の使用および管理に関し、会員その他の第三者から当社に対して訴訟提起その他のクレームがなされた場合、かかるクレームや訴訟に対して、事業者は一切の責任と費用でこれを解決するものとし、当社が一切の責任を負わないことに同意するものとします。
    5. 事業者は、リクナビダイレクトの利用を通じて知りうる当社の一般に公開していない情報(リクナビダイレクトに関する情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース等を含む)の一切を第三者へ開示・漏洩もしくは事業者自らのために利用してはならないものとします。
    6. 事業者は、リクナビダイレクトの操作を第三者に委託する場合も本条項と同等の義務を当該第三者に負わせるものとします。但しそれにより事業者の責を免れるものではなく、事業者及び第三者は連帯して責任を負担します。

    第10条(個人情報および応募情報データの閲覧および利用)

    1. 当社およびリクルートキャリアは、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、次の各号に定めるとおり、利用者の個人情報を閲覧および利用するものとし、事業者は、これを予め承諾するものとします。
      1. 事業者は、当社およびリクルートキャリアが、リクナビダイレクトを事業者に提供するにあたり、必要な範囲内で、事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあることを予め承諾するものとします。なお、この場合、当社およびリクルートキャリアを含む当社の委託先のうち、事業者を担当する関係者についても事業者に応募した会員の個人情報を閲覧および利用することがあるものとします。
      2. 前号に規定する閲覧および利用は、本契約の有効期間終了後も継続するものとします。
      3. 当社は、リクナビダイレクトの遂行にあたって取得した個人情報を、本規約の定めに従って保持します。
      4. 当社およびリクルートキャリアは、企業情報等、応募、訪問会予約、採用ステータスその他の事業者および会員によるリクナビダイレクトの利用記録およびリクナビダイレクトを運営するために当社またはリクルートキャリアが取得した個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(事業者および第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、事業者はこれを承諾します。

    第11条(保守作業等によるリクナビダイレクトの運営の一時的な停止)

    1. 当社は、次の各号に該当する場合には事業者への事前の通知や承諾なしに、リクナビダイレクトの一時的な運営の停止を行うことがあり、事業者は、これを予め承諾します。
      1. リクナビダイレクトにかかるサーバの保守またはリクナビダイレクトの仕様の変更もしくはシステムの瑕疵の修補等を行う場合
      2. 天災地変その他非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあり、または法令等の改正・成立によりリクナビダイレクトの運営が困難または不可能になった場合
      3. 上記各号の他、当社がやむを得ない事由によりリクナビダイレクトの運営上一時的な停止が必要と判断した場合
    2. 前項に定めるリクナビダイレクトの一時的な運営の停止により、事業者が登録した会社情報等のリクナビダイレクト上への反映の遅れまたは会員からの各種プログラムへの応募・予約等に遅れが生じた場合でも、当社は 、何らの責任も負わないものとします。

    第12条(インターフェイスの変更)

    1. 事業者は、当社がリクナビダイレクトを取り巻くシステム環境の変化、リクナビダイレクトのシステムにかかる瑕疵の修捕、リクナビダイレクト利用上の不都合または多数の事業者からの要請等により、事業者への事前の通知なくインターフェイスを変更する場合があることおよび当該変更の結果変更後のインターフェイスとリクナビダイレクトマニュアルまたはリクナビダイレクトマニュアル内の表示等が異なる事態が生じることを予め承諾します。

    第13条(利用料および支払)

    1. 事業者は、事業者が申し込んだサービスが利用可能な状態となった時点で、第3条に基づき事業者が提出した申込書に記載した金額をリクナビダイレクト利用料(以下「利用料」といいます。)として支払わなければならないものとし、事業者がその後サービス利用の期間を短縮する等、申込内容を変更した場合であっても、利用料は、減額されないものとします。
    2. 事業者が別途当社の定めるオプションサービス(以下「オプションサービス」といいます。)の利用を希望する場合は、別途当社が指定するオプションサービスの申込フォームに記載した金額をオプションサービス利用料(以下「オプションサービス利用料」といいます。)として支払い債務を負担します。
    3. 事業者は、サービス期間の途中において本契約が終了した場合(当社の責に帰すべき事由による場合を除く。)においても利用料およびオプションサービス利用料(以下総称して「利用料等」といいます。)の支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料等を当社に支払っている場合には、当社は事業者に対し理由の如何を問わず当該利用料等の返還義務を負わないものとします。
    4. 事業者は、当社発行の請求書を受領した場合、請求書に記載された支払期日までに当社の指定する金融機関の口座への振込等にて利用料等を支払うものとします(小切手や手形等の集金が伴う支払については、これを受け付けません。)。なお、支払にかかる手数料は、事業者の負担とします。

    第14条(規約の変更)

    1. 当社は、本規約について重要な変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下「変更条件」といいます。)の適用開始日の2週間以上前から適用開始日まで、変更条件を事業者向け企業管理画面において掲載するものとします。
    2. 事業者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の掲載日より2週間以内に、書面にて当社に対して通知しなければなりません。
    3. 当社が前項の通知を受領した場合は、当該変更条件適用開始日の前日をもって本契約は終了するものとします。但し、第13条の規定にしたがい、事業者は利用料の全額について支払義務を負うものとし、事業者が既に利用料を支払っている場合には、当社は事業者に対し利用料の返還義務を負わないものとします。
    4. 前3項の規定により本契約が終了する場合を除き、本規約は、適用開始日に、当該変更条件どおりに当然に変更されるものとします。

    第15条(当社の機密保持義務)

    1. 当社は、事業者のリクナビダイレクトの利用により、事業者がリクナビダイレクトを利用するにあたって当社に提供した情報(企業管理画面に登録した会社情報等、取引基準に関連する審査をするために事業者から提供を受けた情報を含みます。)を機密として厳重かつ適正に取り扱うものとし、当該事業者の同意を得た場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、当社またはリクルートキャリアは、会社情報等および次項に規定する事業者の個人情報をもとに当該事業者の個社および会員の個人を特定できない形式による統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用することができるものとします。
    2. 当社は、事業者から管理を委託された個人情報(以下「事業者の個人情報」といいます。)を機密として保持し、事業者の事前の書面による承諾なく、事業者の個人情報の複写、破壊、改竄、第三者への開示および漏洩、情報開示目的以外での利用を行いません。
    3. 当社は、事業者の個人情報、会社情報等を企業管理画面にて事業者が確認できるよう適正に管理します。なお、事業者の個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。保管期間が経過した事業者の個人情報は速やかに消去します。
    4. 当社は、事業者の個人情報の取扱いに関する管理責任者を選定し、業務遂行上事業者の個人情報を取り扱うことが必要な従業者(当社との雇用関係の有無を問いません。)のみ事業者の個人情報を取扱わせるものとします。
    5. 当社は、業務上必要な範囲内でのみ第三者に事業者の個人情報を取り扱う業務の全部または一部を委託することができるものとします(リクルートキャリアを含み、以下、かかる第三者を「委託先」といいます。)。但し、その場合、当社は、本条における当社の義務と同等の義務を委託先にも負わせるものとします。
    6. 当社は、事業者から事業者の個人情報の管理体制についての報告を求められた場合、第三者の個人情報の秘匿性を害することがない方法及び内容で、事業者に対して当該報告を行うものとします。
    7. 当社は、国その他の公権力により適法に事業者の個人情報の開示を命令された場合、当該公権力に対し事業者の個人情報を開示することができるものとします。ただし、当該命令を受けた場合、当社は、可能な限り事業者の個人情報の機密性の保持に努めます。

    第16条(当社の免責)

    1. 事業者は、自己の責任によりリクナビダイレクトを利用するものとし、当社は、本契約もしくはその履行およびリクナビダイレクトの利用に関して事業者につき生じた損害について、当社の故意または重大な過失による損害であることが明白な場合を除き、何らの賠償義務を負わないものとします。なお、当社が責任を負う場合であっても、かかる責任は、直接かつ通常の損害の範囲に限られ、かつ事業者の本契約に基づく支払済みの対価相当額を上限とします。
    2. 当社は、前項にかかわらず、第15条の義務に違反し、事業者の個人情報の帰属主体(以下「本人」といいます。)に損害を与えた場合には、本人に対する責任を負うものとし、事業者が本人からの請求に応じて損害賠償をした場合、その賠償金相当額を事業者に対して支払うものとします。但し、事業者が本人から損害賠償の請求を受けた後直ちに当社に対してその旨通知し、当社に対して紛争解決にあたる機会を与えなかった場合はこの限りではありません。
    3. 当社は、天災地変その他不可抗力(当社の責めに帰すべき事由によらない回線の輻輳、回線の障害、サーバダウン等を含みます。)により生じた損失につき、何らの責任も負わないものとします。
    4. 当社は、業務上通常要求される程度の合理的な措置を当社が講じていたにも関わらず、事業者又は第三者の責めに帰すべき事由により生じた損失(①ウイルスによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、②ハッキングによるサーバダウン、システム障害、データの流出・損壊及び誤った情報の掲載、③プロバイダのダウン、④事業者の操作ミスによるデータの流出・損壊、各種プログラムの募集機会の損失及び誤った情報の掲載並びに⑤システム環境の変化による障害、リクナビダイレクトにかかるシステムの瑕疵などを含みます。)につき、何らの責任も負わないものとします。
    5. 事業者は、企業管理画面の利用に当たって電子ファイルを添付する場合には、自己の責任においてウィルスチェック等を行うものとし、事業者の添付ファイルによって第三者に損害が発生した場合には、事業者は自己の費用と責任をもって当該第三者への対応に当たるものとします。
    6. 当社は、事業者に対し、会員の登録内容の真実性、最新性、確実性および当該情報が第三者の権利を侵害していないこと、会員の各種プログラムの応募の確実性、事業者に応募する会員の資質・能力および事業者への適合性等、リクナビダイレクトの効果および事業者がリクナビダイレクトおよび各種プログラムを通じて募集した会員に関する何らの保証も行わないものとします。

    第17条(権利義務譲渡の禁止)

    1. 事業者は、本契約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、または担保に供してはならないものとします。

    第18条(事業者の順守事項)

    1. セキュリティ保持の必要性に鑑み、事業者の自動巡回プログラム等によりリクナビダイレクトに関するシステムの全部又は一部に過負荷をもたらすおそれのある行為または当社の事前の書面による承諾なく、各種イベントの告知・応募管理等の目的を超えたアクセス(セキュリィティー診断、検査その他アクセスの目的および方法を問いません。)は一切禁止します。万一事業者が当該行為を行った場合、当社はこれに対し事前予告なくして遮断措置等技術上の措置を講じることができるものとし、これにより事業者に損失が生じた場合でも当社は何ら責任を負わないものとします。
    2. 事業者はリクナビダイレクトを利用するにあたり、次の各号を遵守することとします。
      1. 関係諸法規に違反しないこと
      2. 非合法な業態をとらないこと、または非合法な商品、役務の提供を行わないこと
      3. プライバシー、知的財産権など他者の権利を侵害する行為を行わないこと
      4. 国籍、人種、思想、信条、身体条件、家庭環境、出身地、居住地、性別、年齢制限など差別の肯定・助長する行為および会員に対する扱いを行わないこと(「ポジティブアクション」等男女雇用機会均等法に違反しない性別制限、雇用対策法に基づく年齢制限の場合は除きます。)
      5. 公序良俗に反する業態をとらないこと、または公序良俗に反する商品、役務の提供を行わないこと
      6. 性風俗特殊営業、電話異性紹介営業、性風俗特殊営業などの成人向けの商品、役務の提供を行わないこと
      7. パチンコ、競馬、競輪、競艇、オートレース等、ギャンブル性の高い情報の予想ソフト、攻略情報の提供を行わないこと
      8. 特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する広告・宣伝を行わないこと
      9. 意見広告・宗教広告等、思想信条に関する広告・宣伝を行わないこと
      10. 事業者および事業者の役員・従業員、株主その他実質的に事業者の全部または一部を支配する者が反社会的勢力でなく、かつ、反社会的勢力が経営に関与していないこと
      11. 掲載基準等当社の定めるルールに反する情報の提供その他利用を行わないこと
    3. 事業者はリクナビダイレクトを経由して事業者に応募のあった会員を、第三者(事業者のグループ会社を含みますがこれに限られません。)との雇用契約(正社員、契約社員、アルバイト、派遣従業員および業務委託等契約形態を問いません。)の会員として紹介、斡旋等はできないこととします。

    第19条(反社会的勢力の排除)

    1. 事業者および当社は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
      1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
      4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
      5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    2. 事業者および当社は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      5. その他前各号に準ずる行為

    第20条(解除)

    1. 当社または事業者は、相手方が次の各号の一に該当するときには、相手方に対し通知を行うことにより、即時に本契約を解除またはリクナビダイレクトの一定期間の利用を停止することができます。
      1. 本規約の規定に違反したとき
      2. 相手方の信用を傷つけたとき
      3. 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分を受け、または破産、民事再生、特別清算、会社更生を自ら申し立てもしくは申し立てを受けたとき
      4. 手形・小切手の不渡処分を受け、またはその他支払い不能となったとき
      5. 事業の全部または重要な部分を他に譲渡したとき
      6. 合併等により経営環境に大きな変化が生じたとき
      7. 信用に不安が生じたとき
      8. 事業を廃止したとき、または清算にはいったとき
      9. 事業者が法令違反その他社会的合意に反する行為等を行ったことにより当社がリクナビダイレクトに会社情報等を掲載することが望ましくないと判断したとき
      10. その他本規約に定める事項を遂行できる見込みのなくなったとき
    2. 当社は、前項各号に定める事項の他、第三者からの苦情または事業者に起因するトラブル等から、事業者によるリクナビダイレクトの利用が、当社またはリクナビダイレクトの信用等に影響を及ぼす可能性があると判断した場合には、事業者に対し通知することにより、本契約を即時に解除することができるものとします。
    3. 事業者は、前2項の規定により本契約を解除された場合には、期限の利益を喪失し、直ちに当社に対する一切の債務を弁済するものとします。

    第21条(合意管轄)

    1. 本規約及び本契約は日本法を準拠法とし、本契約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    第22条(存続条項)

    1. 本契約終了後も、第9条、第15条、第17条、第18条、第19条、第21条および本条は有効に存続するものとします。

    第23条(協議解決)

    1. 本規約および運用ルール等の解釈に疑義が生じた場合、または本規約および運用ルール等に規定されていない事項については、当社と事業者は、協議の上円満に解決するものとします。

    (附則)
    平成30年7月1日作成・適用

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------

    免責事項

    1. お問い合わせフォームのご利用に関し、当社に損害賠償責任が生じた場合の賠償責任は、通常かつ直接の範囲内に限定されます。但し、いかなる場合であっても、不法行為、契約その他いかなる法的根拠による場合であっても、当社は、お客様その他の第三者に対し、お問い合わせフォームを利用したこと、または利用しなかったことにより発生した営業価値・営業利益の損失、業務の停止、コンピュータの故障による損害、その他あらゆる商業的損害・損失を含め一切の間接的、偶発的、特殊的、付随的、結果的または懲罰的損害について責任を負いません。当社がそのような損害発生の可能性について事前に知らされていた場合、および直接損害の発生が当社の責めに帰すべき事由によらない場合も同様とします。
    2. お客様がお問い合わせフォームの利用を通じて、当社または第三者に対して損害を与えた場合、お客様は自己の費用負担と責任において当該損害を賠償するものとし、当社に対しいかなる補償・補填も請求し得ないものとします。
    3. お問い合わせフォームの利用を通じて、お客様と第三者との間で紛争が生じた場合、お客様の責任において当該紛争を解決するものとし、当社に対し、仲裁、照会その他のいかなる請求もできません。
    4. 当社はお問い合わせフォームにおいて、必要に応じて定期メンテナンスを行います。定期メンテナンス時にはシステムの一時停止や一部機能が利用できないことがあります。
    5. 当社は、お問い合わせフォームの内容を、お客様への事前の通知なくして変更することがありますが、お客様はそれに同意するものとし、それにより特定のサービスがご利用できなくなること、その他、お客様に不利益または損害が発生したとしても、当社は一切その責を負わないものとします。
    6. 当社は以下の各号のいずれかに該当する場合には、お問い合わせフォームの提供を停止することがあります。
      1. お問い合わせフォームを提供するために必要なシステムおよび電気通信設備の、保守上または工事上やむを得ないとき、またこれらにやむを得ない障害が発生したとき
      2. お問い合わせフォームに著しい負荷や障害が与えられることによって正常なサービスを提供することが困難である場合、または困難であるとCSTAPが判断したとき
      3. データの改ざん、ハッキング等本サービスを提供することにより、お客様、第三者等が著しい損害を受ける可能性をCSTAPが認知したとき
      4. 電気通信事業者または国内外の電気通信事業体が電気通信サービスの提供を中止、および停止することにより、お問い合わせフォームの提供を行なうことが困難になったとき
      5. 天災地変、戦争、内乱、法令の制定改廃その他不可抗力等により、非常事態が発生した場合、またはそのおそれがあるとき
      6. その他、CSTAPが本サービスの提供を停止、緊急停止する必要があると判断した場合
    7. 当社はお客様および第三者からの緊急停止要請に関して原則としてこれを受け付けません。
    8. 当社がお問い合わせフォームの提供を停止すること、ならびに停止できなかったことによってお客様、および第三者が損害を被った場合も、当社は一切の賠償責任を負いません。

    プライバシーポリシー

    お申し込みの際にご提供いただいたお客様の個人情報につきましては、細心の注意を払い取り扱わせていただきます。

    1. (株)リクルート及び(株)リクルートのグループ会社(以下、総称して「Rグループ」といいます)並びに販売代理店は、お客様の個人情報を、お申し込みいただいた広告掲載及び(株)リクルートが提供するその他サービス提供並びにこれらに付随する業務遂行のためにのみ利用いたします。
    2. Rグループ及び販売代理店は、お客様へ適切なご提案をさせていただくために、Rグループと販売代理店の各企業間で、上記の目的の範囲内で、お客様の個人情報を共有させていただくことがあります。
    3. お申込みに必要となる項目を記入、または入力いただかない場合は、当サービスを受けられない場合があります。
    4. Rグループ及び販売代理店は、個人情報を取扱う業務の一部または全部を外部委託することがあります。
    5. 個人情報の取扱いに関するお問合せは担当営業にご連絡ください。
    6. 原則として本人に限り、「個人情報の利用目的」の通知、登録した個人情報の開示、訂正、追加または削除、利用停止、ならびに第三者への提供の停止を求めることができるものとします。具体的な方法については担当営業にご連絡ください。